カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone15 Proで物理ボタンが消える?〜サイド/音量ボタンが感圧タッチ式の噂〜

iPhone15 Proで物理ボタンが消える?

 以前から、将来のiPhoneのデザインは、よりそぎ落とされていく…とされてきました。

 「そぎ落とし」の対象となるのは、「ディスプレイ」と「筐体」です。

 

 「ディスプレイ」に関しては、ノッチが消え、ピンホールが消え…と進み、ディスプレイの下に全てのカメラ・センサーが埋め込まれることになるだろう…というもの。

 こちらに関しては、今後Face ID関連のカメラ・センサーがディスプレイ下に…という道筋が見えかけてきました。

 

 また、「筐体」に関しては、サイドボタン、音量ボタン、Lightning(USB-C )ポートが消え、出っ張りが全く無くなるだろう…というもの。 

 恐らく近い将来のiPhoneは、非常にのっぺりとした筐体になっていくものと想像できます。

 

 問題はそれがいつなのか…ということなのですが、この度、iPhone15 Proで「筐体」デザインに変化があるのでは…という記事が来ています。

 

サイド/音量ボタンが感圧タッチ式に?

 記事によると、

アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone15シリーズの上位2機種のサイドボタンと音量ボタンは、iPhone SE(第3世代)のような感圧タッチ式になる可能性があるとの予想を、Twitterに投稿した

ということです。

 

 現行iPhone14シリーズのサイド/音量ボタンについては、当然ながら物理スイッチになってます。

 クオ氏は、iPhone15シリーズの内の「Pro」「Ultra(Pro Maxから改?)」では、感圧タッチ式に変わる可能性を指摘しています。

 

 なんでも、iPhone15 Pro/Ultraには、3つの「Taptic Engine」が搭載され、そのうちの2つはサイドボタンと音量ボタンに配置される…とのこと。
 もうひとつはディスプレイ下の分?

 以前のiPhone7/8のホームボタンのように、実際に動いてはいないが、触感フィードバックでの応答を感じることができるということのようです。

 

 恐らくは、サイド/音量ボタンが完全にフラットな状態になるのではなく、これまでのような「出っ張り」は残ることになるのでしょう。
 しかし物理ボタンではなくなることから、耐水性・気密性の大幅な向上が見込めるでしょうし、耐久性も上がるでしょう。

 iPhone7になったときには、「ホームボタンのへたり」からの解放に歓喜に声が上がっていましたね。

 

残すは充電・データ転送の壁だけ?

 もし今回の情報が正しければ、残されるのは「ポート」だけとなりそうです。

 「充電」「データ転送」の壁ですね。

 

 充電に関しては、「MagSafe充電」への本格的な移行が迫られることになるでしょう。

 より深刻なのは「データ転送」でしょうか?
 特に有事の際の初期化・バックアップ関連については、
「本当にポートをなくしていいのか?」
という論点で慎重に考えてもらいたいものです。

 

 シンプルにしたことで、深刻なトラブルになったのでは元も子もありませんので…。

スポンサーリンク