カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

MacBook Pro(Late 2016)をクラムシェルモード化して使用〜バッテリーの状態をご報告⑲/2018/06

 MacBook Pro(Late 2016)を購入して丸1年と7ヶ月。ここまで,普段は電源に繋げっぱなしのクラムシェルモードでLG UltraFine 5K Displayに接続して利用しています。

 「繋げっぱなし」ということでバッテリーの状態はどのように変化していくのかをお届けしていくこの企画。第19弾です。

 

小康状態継続!

 では,早速データの方をご覧ください。

f:id:es60:20180701191442j:plain

f:id:es60:20180701191453j:plain

 ここ最近は「奇跡の」上昇傾向を継続していましたが,一旦ダウン。
 しかしその下降幅は大きくなく,小康状態継続といった感じでしょうか?

 まあ,先月の4195mAhというデータがよすぎたとも言えますね。
 5月は比較的高めの数値が継続しましたが,6月は4100台中盤をうろちょろとしていた感じで,上下動が殆ど無かった印象です。

 

 それにしても,購入して丸2年を目前にした時期に,新品バッテリーの95%の状態を維持しているって,何気にすごいことのようにも思えます。

 私,iPhone7を使用しており,9月に買い換えを予定しているのですが,こちらも約2年使用してバッテリーの不満を感じない状態。バッテリー管理アプリでは,「−3%」という数値でして,Mac同様素晴らしいバッテリー性能だと感服しているところです。

 まあこちらは当然毎日持ち出して寝ている間に充電するという使用方法ですので,Macの「ほぼ電源に接続している」という状態とは置かれている環境が異なるわけですが…。
 それだけに,このMacとiPhoneを比較することで,「電源繋げっぱなし」が,バッテリーにどのような影響をもたらすのかの答えに繋がることになりそうです。