カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

おすすめの本紹介

東野圭吾「沈黙のパレード」レビュー〜鈍重な前半も,終盤のどんでん返しには息をのむ!〜

「ガリレオシリーズ」の最新刊 東野圭吾さんの鉄板のひとつ,「ガリレオシリーズ」の最新刊である「沈黙のパレード」を読了しました。 発売前の説明書きに,「今度の相手は街の人たち全員だ。」とあったため, 複数の動機をもつ犯人達が,結託して被害者の殺…

「下町ロケット ヤタガラス」レビュー〜重厚な人情話ではあるが,お手盛り感は大きい〜

「ゴースト」「ヤタガラス」の連作は読み応えあり! 池井戸潤さんの「下町ロケット ヤタガラス」を読了しました。 ご存知の通り,本作「ヤタガラス」は,前作「ゴースト」と連作となっており,その文章量,内容ともに池井戸潤さんの力量を感じることのできる…

ビブリア古書堂の事件手帖〜扉子と不思議な客人たち〜 読了「ホッコリとする日々の中にミステリーのスパイスが効いた篠川家の日常」

一気に時が進んでびっくり! 作者である三上延さんが,前回までの7冊で一区切り,としていたビブリアの物語が再び動き始めました。 7冊目の「栞子さんと果てない舞台」の後書きで,三上さんが,「今後はこれまでの前日譚や後日譚も可書いていきたい。」と…

下町ロケット ヤタガラス Amazonより到着〜読むのはまたまた三連休までお預け…〜

ヤタガラス到着 池井戸潤さんの最新作,「下町ロケット ヤタガラス」がAmazonより到着しました。 例によって楽天便よりも1日遅い到着で,読むのは来週にずれ込みます。 これ,Amazonの書籍は「大阪」からの発送なんですね。 私の地元秋田では,大阪からの便…

ビブリア古書堂の事件手帖〜〜扉子と不思議な客人たち〜 Amazonより到着→iPhoneXSのポートレートモードで遊んでみた

扉子さんは「本のことには勘が鋭い」 9/24午後に到着しました。「ビブリア古書堂の事件手帖〜扉子と不思議な客人たち」 Amazonの配送は郵便局となり,どうも楽天等よりも1日遅くなってしまったようです。 最近あまりAmazonで本を購入していなかったので…

碧野圭 書店ガール7・旅立ち 読了 〜本と真摯に向き合う女性達に拍手!〜

ついにシリーズ終了です… 「シリーズ7」の発売を知って歓喜したのもつかの間,どうやらこれでシリーズが終了するらしい…ということに気付いてうれしいやら哀しいやらという気分になったことは以前に書かせていただきました。 このシリーズを通して,筆者で…

垣根涼介「信長の原理」読了〜「信長の原理」に基づいた各武将の心理描写が絶妙,「必然」を感じる圧巻の時代小説〜

史実を知っているからこその「逃れられない必然」が底流に… 垣根涼介さんの「信長の原理」を読了しました。 以前読んだ「光秀の定理」では,ある1つのカラクリをベースに,光秀の思考のベースがかたち作られるまでを描いていました。 時代物ではありますが…

東野圭吾「沈黙のパレード」・10/11発売〜ガリレオシリーズの最新刊〜

おっと,いきなりのガリレオシリーズ新刊 油断しておりました。 ここ最近は,池井戸潤さん,湊かなえさん,垣根涼介さん,碧野圭さんと,お気に入りの作家さんの新作ラッシュで,現在は垣根さんの「信長の原理」を読み途中。 読書の面では相当「満たされてい…

下町ロケット ヤタガラス 9/28発売!

ついに来た! ヤタガラス 「下町ロケット ゴースト」が,まさかの「ヤタガラスへ続く…」という展開でびっくりしたのもつかの間,その続編「下町ロケット ヤタガラス」の発売日が早くも決まりました。 9/28の発売です。 下町ロケット ヤタガラス 作者: 池…

「ビブリア古書堂」の続編来た〜! 9/22発売 ☆ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~☆

ついに来た〜! 栞子さんのその後 ついにこのときがやってきました! 三上延さんによるあの「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの続編がついに発売です。 待ちに待ったこの展開! ちょっと興奮しております。 ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客…

湊かなえ「ブロードキャスト」レビュー〜甘さは残るも「違いは」出せた! イヤミス流青春小説〜

湊かなえさんの「挑戦作」,ブロードキャスト 以前本ブログで,湊さんの「未来」に関して書かせていただきました。 「イヤミスの女王」とはいえ,やり過ぎました。あまりにも救いのない内容に,「これが10年の集大成か?」と疑問を投げかける内容の記事で…

TBSドラマ「下町ロケット」続編のキャスト発表!

「下町ロケット」続編のキャスト発表! 池井戸潤さんの人気シリーズ「下町ロケット ゴースト」が発表され,話題を呼びました。 また,発売と同時に次作「下町ロケット ヤタガラス」がこの秋に発売されるということで,なかなかの衝撃を受けたことは以前に紹…

碧野圭さん最新刊「書店ガール7」・9/9発売〜えっ? 完結編?〜

待ってました!「書店ガール7」発売 シリーズ化されたものを心待ちにするのも,読書の楽しみ方の1つですね。 私にとって,碧野圭さんの「書店ガールシリーズ」は正にそんなシリーズの1つでした。 その魅力については,これまでも当ブログで紹介させていた…

三秋縋「君の話」読了〜三秋ワールド炸裂の「絶望」と「希望」の物語〜

久しぶりの「三秋ワールド」,堪能しました! 2016年9月に発売された「恋する寄生虫」以来,作品の発表がなかった三秋縋さん。待ちに待った新作が,早川書房から発売されました。 その「君の話」,読了しました。 いや〜,堪能できましたよ,「三秋ワールド…

池井戸潤「下町ロケット ゴースト」読了→そして「下町ロケット ヤタガラス」この秋発売

明らかに近年の作品とは書き味が異なります 池井戸潤さんの最新作「下町ロケット ゴースト」,読了しました。 私,最近の池井戸さんの大衆に迎合するような書き味に少々食傷気味でした。 「大きい目標をぶち立てて強大なライバルに立ち向かい,努力を重ねて…

やっぱり来た! 「下町ロケット ゴースト」TBSで10月期にドラマ化!

下町ロケットシリーズ第3弾が,発売に合わせて… ついに下町ロケットシリーズ第3弾「ゴースト」が発売になりますね。 王道を行く経済エンタメとして,大いに期待しているところです。まあ,いつもお決まりの展開を辿る,最近の池井戸作品のマンネリぶりには…

湊かなえ新刊「ブロードキャスト」 8/23発売〜異例の青春小説?〜

「未来」でミソを付けた湊かなえさんの新刊 直木賞の候補作となった湊かなえさんの「未来」。 なぜあの小説が評価されるのかわからないほどの駄作だと私は考えています。 湊さんが大好きなだけに,本当に残念な作品でした。 以前のブログで,「次の作品が正…

垣根涼介最新刊「信長の原理」8/31発売

ハードボイルド系からの転身を果たす垣根涼介 垣根涼介さんといえば,当初,「強奪のプロ」柿沢と桃井の痛快な活躍を描いた「ヒートアイランドシリーズ」や,ベトナム,ブラジル,コロンビアなどを股にかけた復讐劇などを描いた「ゆりかごで眠れ」「ワイルド…

三秋縋の最新刊「君の話」 価格改定の連絡が来た〜7/19発売!〜

価格改定,しかも「下げ」…何気にうれしい ラノベ作家三秋縋さんの最新刊が7/19に発売になるということは,以前に本ブログでお知らせしました。 発売まで1ヶ月を切り,同時期に発売される池井戸潤さんの「下町ロケット ゴースト」とともに読むのを楽しみに…

池井戸潤最新刊「下町ロケット ゴースト」7/20発売〜あの「下町ロケットシリーズ・第3弾」〜

ついに来た! 下町ロケットシリーズ第3弾 ここしばらく動きがなかった池井戸潤さん。「次は何が出るのか?」と思っていると,そうですか,そう来ますか! なんと,下町ロケットシリーズの第3弾です。サブタイトルが「ゴースト」! 下町ロケット ゴースト …

湊かなえ「未来」〜これが集大成? 吐き気さえ覚える読み味の悪さ〜

読了後,吐き気がしました 久しぶりの湊さんの新作,しかも書き下ろしということで,本当に楽しみにしていました。「未来」。 物語の始まりは,いつもの通りドロドロとした粘着質のもの。これは想定内。 これでもか,というくらいの不幸の連続。まあ,これも…

三秋縋の最新刊「君の話」・ついに7/19発売!〜待ちくたびれましたよ〜

本当にようやくの最新刊! 三秋縋さんの「君の話」 所謂「ラノベ」界の中にあっても,「深み」を感じさせる作家さんはいるわけでして,私にとってそれは「三秋縋」さんだったりします。 まあ,物語の土台が,タイムリープものだったり,自分の命を切り売りし…

「ことば」にこだわる原田マハさんの魅力

心躍る新たな作家との出会い 毎週末に一冊ずつ程度のペースで,小説を読み進めるルーティーンが定着してからしばらく経ちます。 最優先で読み進めるのは,最新の単行本を予約して購入するお気に入りの作家さん達の本です。私であれば,「東野圭吾さん」「湊…

高橋一生・川口春奈W主演「九月の恋と出会うまで」の原作読んでみた

映画化で話題に「九月の恋と出会うまで」 川口春奈さんのInstagramで,高橋一生さんとのW主演で「九月の恋と出会うまで」という映画を撮り終えたという話題を目にしました。 ちょっと調べてみると,松尾由美さんという方の作品で,原作本が発売されているこ…

湊かなえさん 書き下ろしの最新作「未来」・5/22発売!

待ちに待った湊かなえさんの最新作「未来」5/22に発売! しばらく沈黙が続いていた湊かなえさんにようやく動きが… 5/22に最新刊「未来」が発売になるようです。 まだ詳細はわかりませんが,「ある日突然、届いた一通の手紙。送り主は未来の自分だという………

「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」七月隆文★読後レビュー★ 〜愛,家族,仕事を真っ正面から描いた意欲作〜

読了 七月隆文「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」 七月隆文さんの最新刊「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」を読みました。 事前の想像とは異なり,いい意味で恋愛を,そして生き方を「真っ正面から」描いた読み味爽やかな意欲作と感じました。 お薦めです…

七月隆文さんの最新刊「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」・4/5発売

七月さん独特の切ないラブストーリーに期待 七月隆文さんの最新刊「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」が,4月5日に発売となります。 七月さんといえば,ラノベ界を中心に活躍されているようですが,やはりその名をととどろかせたのは「ぼくは明日、昨日の…

東野圭吾「魔力の胎動」〜ガリレオ的科学推理+新参者的人情話で気持ちよく読める短編集〜

「ラプラスの魔女」とは書き味が違う! 東野圭吾さんの最新刊「魔力の胎動」が発売されました。 そもそもこの本は,以前に発刊された「ラプラスの魔女」の前日譚としての意味合いをもつとして発表されていましたが,読了後の印象は全く異なるものです。 もち…

筏かつら「君に恋をしただけじゃ、何も変わらないはずだった」〜「読み応え感」大幅増量の良作!〜

作者の成長を感じられるのって心地いい 私,割と節操なく「読みたい」と思う本を手に取るタイプでして,オヤジではありますが「ラノベ」というカテゴリーでくくられている作品も読んだりします。 しかし,そもそも「くくり」って意味があるのでしょうかね? …

読了 住野よる「青くて痛くて脆い」〜焦点が定まらず,予想外の凡作に…〜

「リアルな青春小説」…ではない! 1年ぶりの住野よるさんの新作ということで,本当に心待ちにしてました。 以前2本ブログでも紹介したとおり,住野よるさんの新作「青くて痛くて脆い」は,電子書籍雑誌「月刊カドカワ」で発表されたものだそうです。 私自…