カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

おすすめの本紹介

三上延「同潤会代官山アパートメント」レビュー〜世代を跨ぐ家族の「繋がり」の物語/湊かなえ「花の鎖」タッチの名作誕生〜

心染み込む優しさが詰まった,三上さんの最高傑作誕生! 一言で言うと…。「三上さんの最高傑作」だと思います。 三上延さんの最新刊「同潤会代官山アパートメント」を読了しました。 三上さんお得意のミステリー要素は皆無。 「家族愛」「大切な人を思う優し…

三上延最新作「同潤会代官山アパートメント」・4/19発売〜高級集合アパートで生きる昭和の家族の姿を描く異色作〜

三上延さん久々の単行本 三上延さんの最新刊の話題が飛び込んできました。 三上さんといえば,「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズでおなじみのように,ラノベの世界で多彩な作品を発表しています。 先日は,「栞子さんと大輔が結婚し,扉子という子どもが…

住野よる「麦本三歩の好きなもの」レビュー②〜魅力的な登場人物との関わりから,三歩が成長する物語〜

絶妙な登場人物の描き方と心情表現の巧みさを堪能しよう! 前回は,住野よるさんの最新作「麦本三歩の好きなもの」の章立てに関する個人的な分析と,自分が住野作品の求めていることという視点で,思うがままに書かせていただきました。 本日は,その内容的…

住野よる「麦本三歩の好きなもの」レビュー①〜収録12章のどれが好みか…自身の「住野好き具合」を占えるかも…〜

12章からなる「麦本三歩」のお話→住野作品の「何が好きか?」が見えてくる 恐らくこの週末,「ブルボン」「本社」という検索キーワードでググられる回数が飛躍的に伸びていることでしょう。 新潟県柏崎市…。住野マニアはその地名を知ってにやついているはず……

住野よるさんの新作「麦本三歩の好きなもの」商品到着!〜土曜日の読書に向け,心を整えるの巻〜

「麦本三歩の好きなもの」キタ〜! Amazonのに発注していた,住野よるさんの新作「麦本三歩の好きなもの」が到着しました。 以前にも記事で紹介しましたが,これまでにないゆる〜い感じの主人公であることや,図書館勤務をする三歩の「日常」を描くというこ…

住野よるの最新刊「麦本三歩の好きなもの」3月7日発売!〜初の幻冬舎刊という意味合いに期待〜

痛恨! 注目の住野さんの最新刊情報,今まで気付かず… いや〜,個人的には痛恨であります。 自分のお気に入りの作家さんの新刊情報に関しては,見逃さないように気を配っているつもりなのですが,今回の住野さんの情報は,何故か引っかかってこなかったんで…

「大泉洋+池井戸潤」の最強タッグ誕生「TBS日曜劇場枠でラグビーチームの再生を描く「ノーサイド」→大人の事情満載が鼻につく…」

日曜劇場枠,池井戸潤,大泉洋…どれをとっても高視聴率の香り漂う 早くも2019年7月開始ドラマの話題が入ってきました。 ドラマ界の鉄板枠,「TBS日曜劇場枠」の話題。 なんと,あの大泉洋さんが,池井戸潤さんの原作で,落ちぶれたラグビーチームを立て直す…

夏川草介「新章 神様のカルテ」レビュー〜圧巻の名作誕生・子どもと夫婦の絆を軸に,骨太かつ多様な人生観を描き出す!〜

「新章 神様のカルテ」読了 「神様のカルテシリーズ」の新展開一作目,「新章 神様のカルテ」を読了しました。 先日,自宅に届いた本作の表紙に大いなる驚きを感じて記事を書かせていただきましたが,正に本作のテーマが凝縮された表紙であったことを今感じ…

「新章 神様のカルテ」到着!〜なんと表紙に,一止と榛名との子どもの姿が…〜

4年の時の流れを感じる… 楽天で注文していた「新章 神様のカルテ」が届きました。 読むのはこの土・日なのですが… 表紙を見て驚きを感じました。 その表紙がこちら…。 なんと,一止の膝の上にかわいらしい女の子の姿が…。 まだ1ページもめくっていませんが…

2019年本屋大賞候補作発表〜10作品から新たな「発見」が生まれるか?〜

話題性を増す「本屋大賞」 2019年本屋大賞の候補作,10作品が発表されました。 「全国の書店員が,今もっとも売りたい本」というキーワードで始まったこの本屋大賞も,年々その存在感,話題性を増しているように感じます。 芥川賞・直木賞とは異なり,「現場…

直木賞候補作家 垣根涼介の新感覚時代物第2弾「室町無頼」文庫化!〜1/29発売 「信長の原理」よりも骨太です〜

垣根涼介の「室町無頼」文庫化! 直木賞,芥川賞の発表が1/16日に迫っています。 今回直木賞の候補となっている「信長の原理」の著者である垣根涼介さんを推していることは,以前に書かせていただきました。 垣根さんについては上記の記事をご覧になって…

第160回「芥川賞・直木賞」候補作決定!〜垣根涼介さんの「信長の原理」に期待〜

直木賞は混戦か? 第160回の「芥川賞・直木賞」の候補作が発表されました。 候補作はこちら。 直木賞の方は混迷模様でしょうか? 森見登美彦さんは3度目の,垣根涼介さんと深緑野分さんは2度目の候補選出となるとのことです。 個人的には,これまで全ての…

夏川草介最新刊 「新章 神様のカルテ」がついに発売!〜2019年1/31,「イチさん」と「ハル」の物語が再び…〜

待たされすぎました… いや,正直,待たされすぎて一周まわってしまった感じです。 ついに「神様のカルテ」シリーズの最新刊が,2019年1月31日に発刊となります。 夏川草介さんの「神様のカルテ」シリーズは,長野県松本市にある本庄病院に勤務する内科医「栗…

東野圭吾「沈黙のパレード」レビュー〜鈍重な前半も,終盤のどんでん返しには息をのむ!〜

「ガリレオシリーズ」の最新刊 東野圭吾さんの鉄板のひとつ,「ガリレオシリーズ」の最新刊である「沈黙のパレード」を読了しました。 発売前の説明書きに,「今度の相手は街の人たち全員だ。」とあったため, 複数の動機をもつ犯人達が,結託して被害者の殺…

「下町ロケット ヤタガラス」レビュー〜重厚な人情話ではあるが,お手盛り感は大きい〜

「ゴースト」「ヤタガラス」の連作は読み応えあり! 池井戸潤さんの「下町ロケット ヤタガラス」を読了しました。 ご存知の通り,本作「ヤタガラス」は,前作「ゴースト」と連作となっており,その文章量,内容ともに池井戸潤さんの力量を感じることのできる…

ビブリア古書堂の事件手帖〜扉子と不思議な客人たち〜 読了「ホッコリとする日々の中にミステリーのスパイスが効いた篠川家の日常」

一気に時が進んでびっくり! 作者である三上延さんが,前回までの7冊で一区切り,としていたビブリアの物語が再び動き始めました。 7冊目の「栞子さんと果てない舞台」の後書きで,三上さんが,「今後はこれまでの前日譚や後日譚も可書いていきたい。」と…

下町ロケット ヤタガラス Amazonより到着〜読むのはまたまた三連休までお預け…〜

ヤタガラス到着 池井戸潤さんの最新作,「下町ロケット ヤタガラス」がAmazonより到着しました。 例によって楽天便よりも1日遅い到着で,読むのは来週にずれ込みます。 これ,Amazonの書籍は「大阪」からの発送なんですね。 私の地元秋田では,大阪からの便…

ビブリア古書堂の事件手帖〜〜扉子と不思議な客人たち〜 Amazonより到着→iPhoneXSのポートレートモードで遊んでみた

扉子さんは「本のことには勘が鋭い」 9/24午後に到着しました。「ビブリア古書堂の事件手帖〜扉子と不思議な客人たち」 Amazonの配送は郵便局となり,どうも楽天等よりも1日遅くなってしまったようです。 最近あまりAmazonで本を購入していなかったので…

碧野圭 書店ガール7・旅立ち 読了 〜本と真摯に向き合う女性達に拍手!〜

ついにシリーズ終了です… 「シリーズ7」の発売を知って歓喜したのもつかの間,どうやらこれでシリーズが終了するらしい…ということに気付いてうれしいやら哀しいやらという気分になったことは以前に書かせていただきました。 このシリーズを通して,筆者で…

垣根涼介「信長の原理」読了〜「信長の原理」に基づいた各武将の心理描写が絶妙,「必然」を感じる圧巻の時代小説〜

史実を知っているからこその「逃れられない必然」が底流に… 垣根涼介さんの「信長の原理」を読了しました。 以前読んだ「光秀の定理」では,ある1つのカラクリをベースに,光秀の思考のベースがかたち作られるまでを描いていました。 時代物ではありますが…

東野圭吾「沈黙のパレード」・10/11発売〜ガリレオシリーズの最新刊〜

おっと,いきなりのガリレオシリーズ新刊 油断しておりました。 ここ最近は,池井戸潤さん,湊かなえさん,垣根涼介さん,碧野圭さんと,お気に入りの作家さんの新作ラッシュで,現在は垣根さんの「信長の原理」を読み途中。 読書の面では相当「満たされてい…

下町ロケット ヤタガラス 9/28発売!

ついに来た! ヤタガラス 「下町ロケット ゴースト」が,まさかの「ヤタガラスへ続く…」という展開でびっくりしたのもつかの間,その続編「下町ロケット ヤタガラス」の発売日が早くも決まりました。 9/28の発売です。 下町ロケット ヤタガラス 作者: 池…

「ビブリア古書堂」の続編来た〜! 9/22発売 ☆ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~☆

ついに来た〜! 栞子さんのその後 ついにこのときがやってきました! 三上延さんによるあの「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの続編がついに発売です。 待ちに待ったこの展開! ちょっと興奮しております。 ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客…

湊かなえ「ブロードキャスト」レビュー〜甘さは残るも「違いは」出せた! イヤミス流青春小説〜

湊かなえさんの「挑戦作」,ブロードキャスト 以前本ブログで,湊さんの「未来」に関して書かせていただきました。 「イヤミスの女王」とはいえ,やり過ぎました。あまりにも救いのない内容に,「これが10年の集大成か?」と疑問を投げかける内容の記事で…

TBSドラマ「下町ロケット」続編のキャスト発表!

「下町ロケット」続編のキャスト発表! 池井戸潤さんの人気シリーズ「下町ロケット ゴースト」が発表され,話題を呼びました。 また,発売と同時に次作「下町ロケット ヤタガラス」がこの秋に発売されるということで,なかなかの衝撃を受けたことは以前に紹…

碧野圭さん最新刊「書店ガール7」・9/9発売〜えっ? 完結編?〜

待ってました!「書店ガール7」発売 シリーズ化されたものを心待ちにするのも,読書の楽しみ方の1つですね。 私にとって,碧野圭さんの「書店ガールシリーズ」は正にそんなシリーズの1つでした。 その魅力については,これまでも当ブログで紹介させていた…

三秋縋「君の話」読了〜三秋ワールド炸裂の「絶望」と「希望」の物語〜

久しぶりの「三秋ワールド」,堪能しました! 2016年9月に発売された「恋する寄生虫」以来,作品の発表がなかった三秋縋さん。待ちに待った新作が,早川書房から発売されました。 その「君の話」,読了しました。 いや〜,堪能できましたよ,「三秋ワールド…

池井戸潤「下町ロケット ゴースト」読了→そして「下町ロケット ヤタガラス」この秋発売

明らかに近年の作品とは書き味が異なります 池井戸潤さんの最新作「下町ロケット ゴースト」,読了しました。 私,最近の池井戸さんの大衆に迎合するような書き味に少々食傷気味でした。 「大きい目標をぶち立てて強大なライバルに立ち向かい,努力を重ねて…

やっぱり来た! 「下町ロケット ゴースト」TBSで10月期にドラマ化!

下町ロケットシリーズ第3弾が,発売に合わせて… ついに下町ロケットシリーズ第3弾「ゴースト」が発売になりますね。 王道を行く経済エンタメとして,大いに期待しているところです。まあ,いつもお決まりの展開を辿る,最近の池井戸作品のマンネリぶりには…

湊かなえ新刊「ブロードキャスト」 8/23発売〜異例の青春小説?〜

「未来」でミソを付けた湊かなえさんの新刊 直木賞の候補作となった湊かなえさんの「未来」。 なぜあの小説が評価されるのかわからないほどの駄作だと私は考えています。 湊さんが大好きなだけに,本当に残念な作品でした。 以前のブログで,「次の作品が正…