カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Apple全般

AppleとQualcommが急転直下の和解!〜今までの騒ぎは何だったのか? そしてIntelはモデム事業から撤退…大人の世界って怖い!〜

どうすればこうなる? AppleとQualcommが和解! いや〜,驚きました。 「AirPower」とは違った意味で驚きました。 だってそうでしょ? あれだけ泥沼の状態になり,法廷闘争の先行きも全く不透明だったAppleとQualcomm両社の特許問題。 それが急転直下の「完…

AirPodsがワイヤレスイヤホン販売を牛耳る?〜PowerBeats Proの発表でAppleの加速度が増す?〜

AirPods(第二世代)の登場で市場シェアはどう変わったか? AirPods(第二世代)が発売されてしばらく経過し,その改訂具合等,実態が伝わってきた状態ですね。 私もレビューを上げましたが,音質等の実質的な改訂というよりも,H1チップを中心としたソフト…

有機ELではなく「ミニLED」?〜Mac,iPad用の次期ディスプレイに意外な伏兵…〜

「有機ELMac,iPad」を期待していたが… iPhoneのディスプレイが,液晶から有機ELに変更され,私もiPhoneXSを手にして実際にそのディスプレイと付き合うようになりました。 一見した鮮やかさだけ見ると「液晶有利」と感じる面もありますが,いざ有機ELと比較…

だったら「iPhoneSE2」でいいじゃないか!〜Apple,2020年3月にiPhone8のアップデート版を発売?〜

まだ引きずる? 旧態依然のスタイリング 昨秋のiPhoneXS・XR発売以降,不人気のフラッグシップ機を尻目に,しばらくの間売上首位を独走していたiPhone8。 確かに価格,コンパクトさなど,今となってはこの機種にしかない魅力がてんこ盛りの,唯一無二の機種…

「REALFORCE for Mac」の衝撃!⑤〜その他の使い勝手編 「Win Mode」はATOKユーザーには期待はずれ…〜

「打ち心地」は満点以上,さて「使い勝手」は? 待望のMac用「RealForce」が東プレから発売され,そのとろけるような打鍵感や,ひらがな入力故に心配していた「英字刻印キー」が,意外なほどに全く支障が無かったことなど,4回に渡り「文字入力」に特化した…

Beats Xが「9,800円」に!〜旧チップ搭載が原因か? それとも後継機「Beats X Pro」の発表が近いのか?〜

Beats Xがなんと「9,800円」に!→2回目の値下げです AirPodsと比較すると音質に優れ,イヤーチップを交換することで好みの音質に仕上げることができることもあり,個人的なお気に入りだった「Beats X」。 AirPodsの後発として発売された直後は「14,800円」…

「REALFORCE for Mac」の衝撃!④〜ひらがな入力の私が英字刻印でも困らないわけ→英字を見ながら平仮名を打っている自分に驚き〜

最大のネックであった「ひらがな入力」というマイノリティー 東プレの「RealForce for Mac」を購入し,そのシルキーなキータッチに酔いしれております。 半ば「博打状態」で購入しました。 そのわけは,私が「ひらがな入力」だからです。 当ブログでも再三の…

「REALFORCE for Mac」の衝撃!③〜RealForceソフトウェアによるカスタマイズ性〜

カスタマイズの多様性が上位機種の生命線 衝撃のデビューを果たした「REALFORCE SA for Mac」。 その「快適性」「実用性」等について,2回にわたり記事にしてきました。 今回は,特に「実用性」を担保するために用意されている「RealForceソフトウェア」に…

「REALFORCE for Mac」の衝撃!②〜キー加重30㌘の意味合いとAPCの絶対的カスタマイズ性〜

入力スピードでもMagicKeyboardに負けない「REALFORCE SA for Mac」 前回は,ついに到着した「REALFORCE SA for Mac」の第一印象についてお知らせしました。 心を鷲づかみにされたのは,「シルキーで快感さえ覚えるキータッチ感」。 しかし,それだけではな…

ほらやっぱり…JDIが乗っ取られた!〜中台資本の参加に→将来的に議決権まで奪われる〜

JDIの顛末が予想どおり過ぎて… 日本液晶界の起死回生を狙って誕生したJDI(ジャパンディスプレイ)。 しかし,韓国勢から液晶パネルのシェア奪えなかったどころか,有機ELパネルへの転換にも失敗。さらに,液晶パネルを受注していたiPhonXRの販売不振という…

「REALFORCE for Mac」の衝撃!①〜ついに来た,Mac版RealForce シルキータッチが快感を生む〜

待ちに待った「Mac版RealForce」到着! ついに到着しました。 Mac版のRealForce! Windows環境時代に愛用していた東プレのRealForce。 Mac環境に移行した後は,アプリで無理矢理Macに対応させて使用しようとした時期もありましたが,何故かシステムが不安定…

Apple純正iPhoneアクセサリがセブンイレブンで買える!〜田舎者にとっては福音だ!〜

Apple純正アクセサリが田舎でも手軽に買える! 都会の人はいいですよねえ…。 AppleStoreが地元にあることで,Appleの純正品が手軽に購入できます。 最近ではAppleも様々なアクセサリを積極的に販売していますので,やはりそれらを直接目で見たり,触ったりし…

予想どおり! iPhone2020搭載の「A14」は5nmプロセスルール〜やっぱり2019iPhoneは地雷?〜

やっぱり「A14」は5nmnプロセスルール! 「進化」が難しくなるほど成熟した感のある「スマートホン市場」。 考えられるアイデアの大概は出尽くした感があります。 現在の「主戦場」は,「カメラ」「ロック解除方法」「ベゼルレスディスプレイ」等の,まあ行…

REALFORCE for Mac発売開始!〜どうしよう…ひらがな入力なのにポチってしまった〜

ついに発売! 待ちに待ったMac用RealForce! ついに発売されました! 当初「3月発売」とアナウンスされ,当方が問い合わせたところ「4月上旬発売」に変更になっていたことが判明した「REALFORCE for Mac」。 ついに昨日の4/11に発売になりました。 そ…

2019iPhoneの部品プレート画像流出!〜いよいよ3眼は「正方形」確定でしょう〜

2019iPhoneは,フライング傾向つよし! このプレート情報も強し! どうやら2019iPhoneの情報はダダ漏れ状態のようでして…。 以前であれば「極秘情報」がなかなか漏れ伝わることなどなかったiPhoneですが,ここ数年ほど前からはずいぶんと「お漏らし」の傾向…

意外と知らない「USB-C」と「Thunderbolt3」の違い〜USB4の発表で,混乱は収まるか?〜

「USB-C」と「Thunderbolt3」の違い,知ってます? 私が使用しているMacBook Pro(Late 2016)から本格的に採用されるようになった「USB-C」端子。 MacBook系は全てがUSB-Cになりつつありますが,先日改訂されたiMac2019に関しては,従来の形状の「USB3」も…

iTunesが解体される?〜唯一の問題点は,iOSデバイスのバックアップ〜

Appleのサービス事業拡大の動きは,既存システムを変える 3月末のApple発表イベントでは,従来の噂どおり,ニュース,動画,ゲーム等の配信といったサービス事情の大改訂が発表され,「脱デバイス」の方向性を印象づけました。 iPhone販売の頭打ちという現…

また登場したiPhoneSE2の亡霊! iPhoneXRを廃版にして「iPhoneXE」〜いやいや,現状では無理があるでしょう…〜

iPhoneXRを「iPhoneXE」に置き換える…? 4.8インチ…。 iPhoneSE…。 これまで幾度となく登場したワードです。 私も1年前には本気で「iPhoneSE2」を待ち望んでいました。 もしその時点で登場していたら,即購入し,現在のiPhoneXSはもっていなかったでしょう…

Powerbeats Proの音質がただただ絶賛されてしまう!〜「MOMENTUM True Wireless」とのヒエラルキーは?〜

予想どおり「Powerbeats Pro」発表! AirPods(第2世代)が発表されてから間もなく,「PowerBeatsの完全ワイヤレス版が4月に発表される」という情報がありました。 こちらはすぐに反応がありましたね。 「Powerbeats Pro」と名称を変え,予想どおりの発表…

そうか,その観点を忘れていた! 2019iPhoneの「双方向ワイヤレス充電」は「バッテリー大型化」の可能性がある

「双方向ワイヤレス充電はいらない…」と言ったものの つい先日,2019iPhoneは,Samsungと同様に,「iPhone本体からその他のデバイスにワイヤレス充電することができるようになる」という記事を紹介しました。 そしてその中で,「こんな機能使わないからいら…

2020iPhoneは「5.42インチ」が登場か?〜やはりiPhoneのビッグチェンジは2020年→2019モデルの価値は?〜

やはり2020年がビッグチェンジ! 春のイベントが終わり,AirPowerも露と消え,話題はいよいよ秋の新型iPhoneへと移り変わっていきます。 昨日は,「2019iPhoneには,リークどおりに正方形配置の3眼レンズが搭載されそう…」という記事を書かせていただきまし…

Apple「A7」チップから「A12X」チップの開発を行ったウィリアムズ氏が退社〜Aチップの性能が命の現状は維持できるか?〜

Aチップ開発を手がけてきたエンジニアが退社…大丈夫? 「Apple=魔法」という神通力も薄れ,ついには「発表する」と名言したAirPowerまでも開発断念。 近年の「あっと驚くような」機能,製品は大概が中華勢に先を越され…。 …と,最近のAppleの斜陽ぶりは目を…

驚異的なカメラ性能でiPhoneを突き放す! HUAWEI「 P30Pro」〜Macを使っていなかったら確実に移行もの…追いつくのは難しいかも〜

「ズーム」と「ISO 409600」の衝撃 HUAWEIの「P30シリーズ」が先日正式に発表されました。 覚悟はしていました。 「P20」シリーズでさえ,iPhoneでは太刀打ちできないほどの領域にあるわけですので,このまま順当に進化すると「マズイ」なと…。 そして…。 そ…

2019iPhoneは正方形型のトリプルレンズ搭載?〜図面流出で嫌な方向に進んでいる…〜

AirPowerショックを引きずりながら…iPhoneに向けて 未だに「AirPowerショック」を引きずっております。 皆様はお元気にお過ごしでしょうか? AirPowerのせいで,何かすっきりとしない春。 しかし,春ということで,話題は否応なくiPhoneの話題へと進んでいこ…

iMac2019購入記④〜iMac2019の実力を踏まえた今後のMacとの付き合い方〜

「母艦」は落ち着いた,問題はMacBookだ 前回までは,新規購入したiMac2019の実力についてお届けしてきました。 結論から言えば,私にとっては必要十分。 しかも,2017年モデルで感じていた不満も一掃してくれたということで,今のところ言うこと無しの状況…

AirPods(第2世代)ゲットした!④〜AirPodsのレイテンシ(遅延)の現在位置→音ゲーにはまだまだ耐えられない!〜

AirPodsのレイテンシの実力は? AirPods(第2世代)を購入し,前回の記事では,そのレイテンシ(遅延)がまだ完璧と言えるレベルには達していないことをお知らせしました。 これまでは,私の感覚としての判断で記事を書いてきましたが,その後レイテンシに…

予想どおり「残念」だったSafariの「ダークモード」〜全面対応の日は来るのか?〜

期待していた「Safariのダークモード対応」の結果は? 以前から,本ブログでは画面のダークモード化の重要性を主張してきました。 とにかく,「目への負担」が違います。 特に,大画面で画面を見つめることになるMacにおけるダークモード化の重要性は喫緊の…

iMac2019購入記③〜Blackmagic Disk Speed Testによるスピードテストと実際の使用感→6Core化のエグさ実感〜

新型iMac2019,実際の使用感は? 昨日は,到着したiMac2019の「体力テスト」として,Geekbench4のベンチマークスコアに関して,2017モデルと2019モデルとを比較しながら考えていきました。 結論から言えば,「シングル」「マルチ」というチップ性能面では大…

Appleの裏切りに世界激震!〜AirPower発売中止に,他のやり方はなかったのか?〜

正に衝撃! こんな裏切りは初めてだ! 3月最後の金曜日。 そう,金曜日。 Appleが新製品を発表するのがこのタイミング。 丁度,有名アナリストが,「このタイミングでAirPowerが発表される!」と予想していいたことも相まって,私自身,「来る!」と考えて…

iMac2019購入記②〜Geekbench4で6Core搭載機の体力測定!…驚きと戸惑いと〜

姿形は全く同じなれど… 昨日,ついにiMac2019が到着したことを取り急ぎお伝えしました。 セットアップ等が終わると,まず気になるのがその「基礎体力」です。 本日ふと「Geekbench」のホームページを見ると新型iMacのデータがすでに掲載させていましたね。 h…