カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2019年,スマホはどこへ向かうのか?①〜「ノッチ終了→パンチホール」の件〜

2019年は「ノッチ終了」の年?

 2019年を迎えて早々,様々なメーカーの新機種情報が飛び交っているスマホ業界。
 これから数回にわたって,今後のスマホの流れについて考えていきます。

 さて,最近のスマホ業界の流れとして,先日お伝えした「Nokia 9 PureView」のように,ディスプレイ上下に薄いベゼルを残し,そこにフロント・Face ID用のカメラを配置するようなデザインの端末も残ってますが,恐らく今後発表されるデバイスに関しては,「パンチホール型」が主流となりそうです。

 2019年の潮流,一つ目は「ノッチ終了」です。

 

あっという間に淘汰される「ノッチ」

 そもそもノッチは,iPhoneX登場時に「Face ID」用のDepthカメラやセンサーをフロントパネルに搭載するために生まれた産物でした。
 また,iPhoneのFace IDは他のAndroid勢と比較してもその精度が非常に高く,Android勢が「Face ID+TouchID内蔵ディスプレー」という動きに走る中でも,今のところとはFace ID一本で戦えているほど。
 しかし,それ故に「カメラやセンサー部のスペースが大きくなる」という弊害も生んでいるのだと考えられます。

 そして,噂される2019iPhoneに関しても,
「小さくはなるものの,ノッチは残る」
というのが一般的な考え方です。

f:id:es60:20190105120745j:plain

 

 しかし,Android勢はここで一気に「ノッチレス化」を狙っているようです。それは何か,「この機に乗じてiPhoneを周回遅れにする」という戦略的な「囲い込み」にさえ感じます。

 Appleからしてみれば,ここまで急速にノッチレス化が進むということは想定していなかったかもしれません。なんせ,iPhoneX登場から1年ちょっとで,Appleが「新たな10年」を提案したiPhoneXのデザインが陳腐化してしまうですから…。

 ちなみに,ノッチデザインの歴史ということで,ギズモードさんでおもしろい記事を見つけました。

f:id:es60:20190105122915j:plain

 何とかノッチを縮小化しようとする各社の思惑が見え隠れして,大変興味深い記事になっています。
 Android勢でノッチを残しているものの,中には「雫デザイン」のような涙ぐましい努力しているメーカーもありますし,OPPOやVIVOのように,背面からカメラがスライドしてくるという新手に出てくるメーカーもありました。

f:id:es60:20190105121833j:plain

 

 この後に来るであろう「パンチール」の波。
 個人的には,この後は「カメラやセンサーをディスプレイ下部に埋め込む」ことで,一連の「騒動」が沈静化することになるのではないかと考えています。
 「パンチ穴」は面積の割には目立つような気がしているので,この穴もそう遠くないうちに「埋まる」ことになるはずです。

 

どうするiPhone?

 そこで気になるのがiPhoneの動向です。

 2019iPhoneでは,恐らく結構大きなノッチが残ることになるでしょうから,この時点で,Android勢から相当の後塵を拝することになりそうです。2018iPhoneが絶不調の中,果たしてiPhoneはこらえることができるのか?

 そして勝負の2020iPhone。ここで一気にディスプレイ内蔵カメラ・センサーまで持って行けるのか? それともパンチホールiPhoneを出してお茶を濁すことになるのか?

f:id:es60:20181227100231j:plain

 

 これ,下手をすると「iPhoneは時代遅れ」というイメージを深く刻み込んでしまうことになりかねませんね。ただでさえ「先進性」に関しては中華勢に押され気味のAppleですので,ここが勝負所なのではないでしょうか?

 恐らくAppleは,iPhoneの端末価格を大幅に下げるようなことはしてこないでしょうから,性能だけでなく,技術・デザイン・製品イメージをも含めた「コスパ」の面でユーザーにどのようにアピールしていくのかがAppleの命運を握っているといっても過言ではないでしょう。
 ここ1〜2年が,iPhone,ひいてはAppleの岐路だと考えます。