カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iOS13のダークモードイメージがシンプルで震える〜ここまで徹底するとかえっておしゃれかも…〜

ダークモードがディスプレイ表示のイメージを変える?

 iOS13の「売り」の1つが「ダークモード」になりそうだということは,これまでにも話題にしてきました。
 本ブログでは,そのダークモードについて,
「Safariがどの程度まで対応するのか」
という点に比重を置いて取り上げてきたつもりです。

 個人的には最も使用頻度が高いのがWeb閲覧ですので,全てのサイトにおいてダークモード表示にすることができれば最強…と今でも考えてはいますが,どうやらそこまではなかなか難しいかも知れませんね。 

 なぜかというと,先日発表されたMac版Chromeの出来。
 期待していたのですが,現在のMac版Safari同様,タブ周辺のみの対応にとどまっており,個々のサイトに関しては全くの手つかず状態でした。
 これでは,ダークモードで先行している時期MacOSも期待薄かと…。
 ましてやiOSでは…といった印象です。 

 とりあえずは,Safari以外のダークモードということになりそうですが,先日公開されたiOS13の画像を見ると,Safariを除いてはなかなかよさげな仕上がりになっているかもしれません。

 

これ以上ないくらいの「シンプルな黒」

 この記事に掲載されている画像がこちら。

f:id:es60:20190317185144j:plain

f:id:es60:20190317185158j:plain

f:id:es60:20190317185212j:plain

 いかがですか?
 どこまでも,黒,黒,黒という感じ。
 潔いというか,何というか…。ここまで徹底していると気持ちいいくらいです。

 また,iPhoneの統一感があり,シンプルかつ洗練されている盤面デザインが,このシンプルさに負けない「主張」をしている感を受けます。

 また,単純に「黒く」したのではなく,ダークモードを選択すると,アイコンまでもダークモードに変換されるという細やかさを見せるあたりも,さすがAppleというところ。

f:id:es60:20190317185942j:plain

 この画像を見ると,確かに,アイコン一つ一つの「白」の部分が暗転していますね!
 また,iMessageアイコンや通話アイコンのように,元の白い部分が「黒」ではなく,緑やピンクなどのように,元のアイコンの基本カラーに沿って変換するように工夫されています。
 白が全部暗転しただけでは,真っ黒になって見えなくなってしまうアイコンも出てきますので,当然といえば当然なのですが,その加工具合が,なんともいいセンス。
 この感じが「シンプルかつ,洗練させている」という理由に繋がっているのでしょう。

 

壁紙の活用方法が変わってきそう…

 ところで…。
 このダークモード化で1つ考えさせられるのが「壁紙」のことです。

 現状はどなたも,お好みの画像を壁紙にしているかと思いますが,ダークモードで黒背景にできるとなると,私もそちらに移行するかもしれません。

 有機ELディスプレイの黒はバッテリー消費をしないことから,バッテリーのもちにも貢献するでしょうし,黒背景は目にも優しいことは明らかです。
 となると,これまでのように「好きな写真を壁紙にして…」という行為そのものの意味合いがあやしくなってくるかもしれませんね。

 普段は黒背景にし,気分転換を図りたいときにはダークモードを切る…。

 そんな使い方が主流になっていくのかもしれません。