カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

ApplePencilで触覚入力が可能になる?〜Macでこそ使えるようにしてもらいたい…〜

ApplePencilの触覚入力に関する特許を出願

 皆さんは,ApplePencilを有効に活用できていますか?

 私は一昨年,iPadPro10.5インチの整備済品と併せて第一世代のApplePenciを購入。
 確かに書き味は素晴らしいですし,「さすがApple!」と唸るだけのデバイスではあると思うのですが,なかなか出番がないのが実情です。

 グラフィック関係のアプリはほぼ使いませんし,本来最も使いたいビジネス用途でも,iPadを持ち込んで…という環境をなかなか作り出すことができず,
「使いたいけど,なかなか使えない…」
というもどかしい展開が続いています。

 だからこそ,
「常に携帯しているiPhoneでApplePencilが使えるようになれば…」
ということを,再三ブログには書かせていただいております。
 GalaxyNoteのSペンのような使い方ができれば,最高なんですけどね。

 また,ApplePencilが「Mac対応」になることも切望しています。
 MacBook系のトラックパッドや,デスクトップ用のMagicTrackpadを使用して,Mac上のデータに書き込みできるようになれば,なんと快適なことか…。

 Appleには,ぜひとも真剣に考えてもらいたい分野です。

 さて,そんなApplePencilですが,新たな触覚入力に関する特許を申請したという情報が来ています。

f:id:es60:20200113092304j:plain

 

スワイプジェスチャーも追加して全ての操作が可能に?

 記事によると,Appleの今回の特許には,

ユーザーの自然な持ち位置から触覚入力が可能であり,比較的シンプルな静電容量センサが使用される

スタイラスはユーザーの触覚入力と,通常使用による接触を見分けられる

ユーザーがスタイラスを使用している際,iPadのタッチスクリーンやその他のデバイスを使用する必要がない

という記載があったとのこと。

 特に最後の文章の「iPadのスクリーンやその他のデバイスを使用する必要がない」とう部分が非常に気になりますね。
 つまりは,
「ApplePencilで,全ての操作が可能になる」
ということなのではないでしょうか?

 実際,特許には,「タッチ」と「スワイプ」の特許に関する画像も添付されていたようです。

f:id:es60:20200113093102j:plain

f:id:es60:20200113093109j:plain

 第二世代の「ダブルタップ」による機能切り替えは,正直言って「お茶濁し」程度のものでした。
 画面やアプリを切り替えるといった,これまでスクリーンを触って行っていた操作がApplePencil上で行うことができたなら,「書く(描く)」ということに特化していたApplePencilが,マウスやTrackPadなどの入力機器を統合するようなデバイスに進化していく可能性を秘めることにも繋がりそうです。

 

やっぱりMacでも…

 ApplePencilが「統合型入力デバイス」に進化するのであれば,やはりMacでも使いたい!

 もちろん,OSの壁や,センサーの精度等,今後煮詰めていかなければならないことが数多く存在するでしょうが,今後の「キーボードレス折りたたみMac」「折りたたみ式iPhone」等の新たなデバイス形態を考えたときに,進化したApplePencilの存在価値は,意外に大きいのかもしれません。