カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

早くも「2021iPhone」のレンダリング画像が公開〜ノッチ&ライトニングの廃止で,「じゃあ2020年は?」〜

錯綜する2020iPhone情報のさなかに…

 「2020iPhoneの情報が錯綜している…」
という記事を以前書かせていただきました。 

 問題は,それまで「iPhone12」の一形態だと考えられていた「5.4インチモデル」が,iPhone9モデルとして発表されるのではないか…という新たな情報から来ています。 

 「5.4インチ」というサイズは,これまでの「4.7インチ」iPhone8とほぼ同じサイズをベゼルレス化することで対応可能であるため,このような情報の錯綜が起こってるものと思われます。

 個人的には,あくまでも「iPhone9」は「iPhone8の後継機」として,従来のTouch IDボタンのあるスタイルを継承したデザインであり,「5.4インチベゼルレス」はiPhone12の普及モデルの一部として登場すると考えます。
 シリーズの系統性からいってもその方が妥当ですし,春に発表するモデルに,二系統の筐体を開発するような余裕は,今のAppleにはないでしょう。

 さて…。
 そのiPhone12に関しては,現行のiPhone11シリーズ発売前から様々な情報が飛び交っていました。
 「2世代後」の情報が飛び交う…という,これまでにない傾向が続いた2019年でしたが,2020年もその「情報の先取り化」は続くでしょうか?
 なんと,あのBen Geskin氏が,「2021iPhone」のレンダリング画像を公開です。
 真偽のほどはいかに?

f:id:es60:20200120184318j:plain

 

完全ノッチレス,Lightning端子廃止…その他の機能は?

 記事によると,

f:id:es60:20200120184700j:plain

とのこと。

 「6.7インチ」ということは,Maxサイズを取り出したものでしょう。
 その他の3項目は,iPhoneの大変革を意味する最重要項目です。

 また,非常に気になるのが,「ノッチ消滅」と「Touch ID内蔵」に関しては,2020年モデルである「iPhone12」でも噂されている機能だということ。
 この情報が,「iPhone12から継承される」機能なのか,それとも「iPhone12には採用されず,2021年モデルから採用される」機能なのか…という問題は,iPhone12の真の姿を占う上での,正に一丁目一番地とも言えます!

 

これまでの「詰め込み」情報は無理があったかも…

 考えるに,昨年盛んに「2020iPhone」が話題になった際には,

・2019年モデルでノッチが縮小され,2020年モデルで消滅する?
・TouchID内蔵ディスプレーの技術はなかなか難しい。搭載は2020年モデルでは難しいかもしれない

という情報が支配的でした。

 しかし…。
 実際には2019iPhone(現行iPhone11シリーズ)ではノッチが縮小されず…。これで2021年モデルが一気にノッチ消滅…というのも,やや疑問が残ります。

 また,Touch ID内蔵ディスプレーに関しても,昨年末から急に「iPhone12で実現」という情報が流れ出しました。しまいには,「Face ID廃止でTouch IDに一本化される」という情報まで出てくる始末…。