カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Technics「EAH-AZ70W」レビュー①〜開封,ペアリング,ファーストインプレッション編〜

Technics「EAH-AZ70」到着!

 4月10日の発売日に手にすることを期待していたTechnics「EAH-AZ70W」。

 夢かなわず,週を跨いでの到着となりました。いや〜,土・日だったらじっくり落ち着いて試せたものを…。 

f:id:es60:20200413190551j:plain

 月曜日からのレビュー開始ということで,ゆっくり行きたいと思います。

 さて,この「EAH-AZ70W」。
 発売開始前のレビューではすこぶる評判がよかった機種。音質はもちろんですが,ノイキャンの効きがAirPods Proを凌駕するという情報もあり,「本当?」と疑問を感じながらの購入となりました。

 今回は「開封,ペアリング」等を含めたファーストインプレッション編としてお届けします。

 

質感やいかに?

 箱の中にはイヤホン本体と充電ケースは別々に入れられています。
 まず充電ケースを手に取ると…。

 アルミのひんやりした感触が伝わってきて,非常に質感が高いことが分かります。

f:id:es60:20200413192101j:plain ケースの大きさは,幅は薄いものの高さがあるタイプ。
 ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless」,AVIOT「TE-BD21f」と比較すると,このようになります。

f:id:es60:20200413192258j:plain

f:id:es60:20200413192303j:plain

 AirPods Proのケースの薄さには到底適いませんが,まあ持ち運びする上で困ることはない大きさと言えましょう。

 そしてイヤホン本体。

f:id:es60:20200413192500j:plain

 これが意外にプラスチッキーで少々残念です。色合いも「シルバー」といいながら筐体部分はアイボリーがかってますし…。
 フェイスのメタル部も薄っぺらで高級感は皆無です。まあ,重くなるよりだったらいいのでしょうが,もうちょっと何とかならなかったかな…という思いは正直ありますね。

 

ペアリングは実にスムーズ!

 ペアリングは実にスムーズです。
 イヤホン本体をケースから取り出した時点でペアリングモードに入るようで,iPhoneのBluetooth設定欄に「EAH-AZ70W」が表示されました。

 実際の接続,解除とも何のストレスもありません。

 ストレスといえば,イヤホンの左右の認識が非常にしづらい印象です。
 一応「L」「R」の表記はあるのですが,「何でこんなに小さく,しかも分かりづらい場所にプリントしたの?」と突っ込みたくなるくらい。

f:id:es60:20200413195919j:plain

 これ,結構気になるんですよね…。

 さて,とりあえずエージング前に一聴してみました。

 音質に関しては次回お届けしますが,「AirPods Proを超える」といわれていたノイキャンの効きは…。

 正直あまり芳しくないような気もしております。室内での簡易的なお試しの印象ですが…。