カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「iPhoneXR1万円引き時代」到来〜さらなる値引きがあるかも…〜

SoftBankがiPhoneXRを10,800円値引き

 「不人気」という言葉が定番化してしまっている今期のiPhone。
 特に「主軸」として期待されながらその役割を果たせなかったXRに対する風当たりは強いものがあるようです。

f:id:es60:20190126115834j:plain

 また,iPhoneXS・Maxは正に「フラッグシップ」であるため,「値引き」等の各種キャンペーンを張るにはAppleとしては抵抗があるはず。
 というわけで,これまでもApple独自の,またはキャリア独自の「キャンペーン割引」を,XRに対して行ってきました。

 そして今回はSoftBankから,またしてもiPhoneXR限定の割引キャンペーンの発表がありました。
 しかし…。
 今回の「キャンペーン」は,これまでのauのようなものとはその性質が異なるようです。

 

「条件なし割引」のもつ意味

  これまでの各種割引キャンペーンは,
「旧型iPhoneの下取りを行った場合に…」
という「条件付き」のものでした。
 これですと,これまでの定番であった「2年ごとの更新」にあたる「iPhone7」を下取りに出した場合には適応外となるため,
「買い換えをせず,長期利用を考えていた層を切り崩す」
という意味合いが色濃いものだったはずです。

 これまでのiPhone購入者層は,「2年ごとに新型のiPhoneを堪能したい」という考えをもっていたかと思いますが,高価格化,機能的な停滞に伴い,
「頻繁な買い換えをしなくても十分使える」
という思考形態に変化しつつあると思われます。
 その「買い控え層」を狙ったこれまでのキャンペーンは,どうやら空振りに終わったようで…。


 ついにSoftBankは,ごく通常の2年契約を行うすべてのユーザーに「10,800円引き」を提供することにしたようです。

f:id:es60:20190126115643j:plain

 一定の値引き対策が功を奏さないほどに不人気のiPhoneXS,XR。
 これ,本格的にやばそうです。

 

さらなる値引きも当然あるでしょう

 私は,今後さらなる値引きが行われる可能性が高いと考えます。

 Android機の新製品ラッシュがこれから始まり,「パンチホール」「折りたたみ」などの最新キーワードか飛び交う中での「技術革新世代」のデバイスが続々登場するわけです。

 その中で急速に「鮮度」を失っていく2018iPhone。
 もう止まらないでしょう。

 まずはiPhoneXRへの割引額増加キャンペーン。
 それに続いてフラッグシップであるXS系にもその波が押し寄せるのではないかと予想します。

 果たして,現状の「最新iPhone離れ」は,このような値引きで太刀打ちできるものなのでしょうか?
 日本では旧型のiPhone8が馬鹿売れして,「iPhone人気」は健在のようですが,それにしても新型が売れていないわけです。また,全世界的に考えれば,iPhoneそのものからユーザーの視線が離れているように思えてなりません。

 どうする,Apple?
 どうなる,Apple?