カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AirPods3は「AirPods Pro」なのでは?〜AirPods3の発売時期とAirPods2増産の動きに関する一考察〜

AirPods3の発売時期に大きな疑問

 AirPods2がようやく3月に発売されたのにもかかわらず,早ければこの秋にも「AirPods3」が発売されるという情報が複数から流れてきています。
 しかし,基本的にはAirPods2を置き換える形での「リニューアル」という考え方においてはわたしは「無し」だと,今でも考えています。 

 以前の記事では,
「今年から来年初頭でのモデルチェンジはない。あるとすれば2020年後半ではないか?」
と予想してきました。

 しかし,今回ご紹介する記事の内容と,昨今Appleの機種戦略から,

 AirPods3として騒がれているのは,これまでのAirPodsの「上位機種」にあたる「AirPods Pro」なのではないか?

と考えるようになりました。
 新機種の「追加」だったら,全てにおいて辻褄が合うように思えるのです。

f:id:es60:20190510193349j:plain

 

AirPods2は存続する! だとすれば…

 上記の記事の要点は,

①AirPods2と,AirPods3と見られるデバイスは,異なる内部基盤を使用する
②2020年以降も,AirPods2の基盤が増産される見込みである

という2点です。

 ②から,来年度以降も現行のAirPods2の生産が継続されるということが分かります。そう,この春に発売されたAirPods2は無くなるわけではないのです!

 しかし,このような状況の中で「AirPods3」の発売情報が途切れないということは,もう考えられることはただ1つ…。
「AirPods2の置き換え(リニューアル)ではなく,新イヤホンの追加
なのではないでしょうか?

 やはり,AirPods2の発売から1年もしない時期での「リニューアル」は考えづらいです。しかし,新機種の「追加」であれば,何の不都合もありません。

 また,最近のAppleデバイスは,従来よりも高機能化したモデルを従来のものに「追加」する形で「Pro」として商品化する傾向にあります。
 だとすればAirPodsに関しても,従来のAirPods路線のものに付加価値を加えるた「AirPods Pro」が追加されてもおかしくないのでは?

 

付加価値とは「ノイズキャン」「高音質化」「生体認証」?

 「Pro化」するための「付加価値」として考えられるのは,以下の3つなのではないでしょうか?

①ノイズキャンセリング機能

 ノイズキャンセリング機能に関しては,以前から話題にしてきました。前掲した以前の本ブログの記事にも書きましたが,物理的にノイキャンを機能させるためには「カナル型」への移行が必要不可欠でしょうから,「AirPods Pro」こそ,従来噂になっていた「カナル型」のイヤホンなのではないでしょうか?

f:id:es60:20190510202433j:plain

f:id:es60:20190510202440j:plain

②高音質化

 PowerBeats Proでは,Appleからなかなか出て来なかった「高音質」という言葉が飛び出しました。
 だとすれば,「AirPods Pro」も当然高音質化を狙ってくるのでは?
 筐体もカナル型にすることで,高音質化に対応できると考えます。しかし,現行AirPodsがもっている最高の「開放感」とのトレードオフにはなりますが…。

③生体認証

 こちらも,以前から言及されていた項目。
 心拍数等の生体認証データをこれまで以上に取り込むことができるようにすることで,iPhoneやApple Watchとの連携を図ったヘルスケア機能を追加することができます。

 

 さて,どうでしょう?
 私の完全なる妄想的予想。
 しかし,これだったら誰しもが歓迎するモデル展開になると思うのですが…。