カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

HUAWEIがポップアップフロントカメラ搭載廉価機「P Smart Z」を間もなく発表か?〜HUAWEI圧勝の理由とは?〜

「一人勝ち」のHUAWEIに廉価版ポップアップ機登場か?

 前日,Appleの第2四半期決算についての情報をお届けしました。
 iPhoneの大幅な販売不振が際立つ結果となったほか,各スマホメーカーが実績を落とす中,販売台数の増加を果たしたのが「HUAWEI」。
 しかも,50%超の大幅増でした。

f:id:es60:20190506145808p:plain

f:id:es60:20190506145811j:plain

 もちろんHUAWEIの勢いは本物だと思っていましたし,その強さは織り込み済みでしたが,よもやこれ程の「強さ」を発揮するとは…。
 現状で50%超は,ちょっと考えづらい数値です。

 そんなHUAWEIから,「廉価版ポップアップフロントカメラ搭載スマホ」である「P Smart Z」が発売されるようだという記事が来ています。

 

意外にも「初ポップアップ機」

 この「P Smart Z」,HUAWEIにとっては意外なことに「初」のポップアップ機なのですね。

f:id:es60:20190506150626j:plain

 記事によると,
・IPS液晶のディスプレイサイズが6.59インチ
・プロセッサがKirin 710でRAMが4GB
・内蔵ストレージが64GB
・背面にはデュアルカメラ
・バッテリー容量は4000mAh
・背面TouchID
という仕様のようです。

 インカメをポップアップし気にしたことで,当然ディスプレイに「ホール」はなく,非常にすっきりとしたデザインですね。

 もちろん,カメラはフラッグシップの4眼には及びませんし,TouchID内蔵ディスプレーでもありません。しかし,特にスマホのスペックにこだわらないユーザーにとってみれは,これで十分なスペックな訳です。何の問題もありません。
 しかも価格が「210ユーロ(約2万6000円)」ほどということですので,割り切ることができるユーザー層に対しては非常に大きなアピールができると考えます。

 

HUAWEI圧勝の理由

 私は,現状のHUAWEI圧勝の理由は,

「性能が伴った適切なモデル展開」とその「価格設定」

にあると考えます。
 「Mate Pro」シリーズのような超スイスペック機から,「P light」シリーズのような廉価機まで見事に穴のないラインナップ。しかも,どれをとってもその「基本性能」において「まるでダメ」という部分がありません。いくら廉価機であっても,十分使えるスペック…。しかも納得の価格。
 そして,その価格や仕様に応じて「世界各地域ごとに重点を置く機種を変えながら」の販売活動…。

f:id:es60:20190506152656j:plain

 売れるわけです。
 iPhoneはいわずとしれた高級機路線。
 しかも,SEをラインナップからはずしたことで,なおさら普及帯のモデルが見当たらなくなってしまいました。
 先日は,「iPhone8の後継機にあたる機種を来年度早々に投入か?」という情報も流れました。Appleが販売台数確保のために思いを巡らせているのは事実でしょう。
 だって,目の前でHUAWEIの快進撃を見せつけられているのですから…。

 今回の「P Smart Z」も,なかなかいいんじゃないでしょうか?
 Appleデバイスへのこだわりが無ければ,私もHUAWEIの製品に目が写ってしまいそうです。
 それだけ,戦略が「上手」です。
 急成長の裏側には,やはりしっかりとした「理由」があると,今回の記事を見て考えさせられました。それに比べてAppleはやや硬直化している感を否めません。