カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

新しいiPhoneは「iPhone(2020)」!〜うん,それでいい〜

Appleデバイスの名称騒動はそろそろ打ち止めに…

 iPhone9か?

 iPhoneSE2か? 

 この春に発売されるとみられている低価格iPhoneの名称に関しては,未だにこの2つの間で綱引きが行われているようです。

 しかし…。
 はっきり言ってどうでもいいです。

 そもそもこれらのナンバリング事態,そろそろ破綻を来していることは明白。
 「iPhone9」に関しては,従来のように1機種のみの展開であれば通用したでしょうが,今後は「Pro機」「ノーマル器」「低価格機」という3機種展開となるわけで,そもそもナンバリングの振りようがないわけです。 

f:id:es60:20200223101318j:plain

 また,「iPhoneSE2」という名称は,2年ほど前から噂されていた「ベゼルレスタイプでiPhone8のサイズ感」をもつ筐体に対して与えられたものでした。

f:id:es60:20200223101350j:plain

 一旦は開発が中止されましたが,恐らくは今秋に発売されるノーマルiPhone12(5.4インチ)が,コンセプトとしては最も近い存在となるはずです。
 元来の考え方で言えば,そこまで高性能でなくてもいいミドルレンジ機というイメージもありましたので,今回のiPhone12はそれよりも高性能に振られているように思います。

 というわけで,もはや「iPhone9」にしても「iPhoneSE2」にしても,ネーミングとしては破綻している部分があるわけで,本ブログの以前の記事では,

 だとすれば,そのまま素直に「iPhone9」でいいでしょうし,何だったら「低価格なノーマルiPhone」を強調するために「iPhone」でいいとさえ思います。iPadでも一時期ありましたね。紛らわしいんだったらMacBook系のように「iPhone(2020)」とすればいいのです。

 こじつけたナンバリングを振るよりだったら,「無印」にする方がいさぎいいし,すっきりするような気がします

と書いたこともありました。

 すると…。
 来ましたよ!
 もしかすると,ナンバリングが消えることになるかも…?

 

新しいiPhoneは「iPhone(2020)」?

 記事によると,

FRONT PAGE TECHのYouTubeチャンネルにてジョン・プロッサー氏はモデル名について,「私の情報では、次のモデル名はiPhone9でもiPhone SE 2でもなく,(ただの)iPhoneになる」と述べている

とのことです。

 また,彼が主張する価格と仕様は,

64GBモデルは399ドル(約44,000円)
128GBモデルは450ドル(約49,600円)

となっています。

f:id:es60:20200208173058j:plain

 いいと思います。
 これを機に,Apple関連の全てのデバイスに関し,「普及機は無印で発売年を併記」「高価格帯機は『Pro』を冠し,発売年を併記」にしてみてはどうでしょうか?

 iPhone12Proではなく,「iPhone Pro(2020)」

 私はこれでいいと考えます。