カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

6.1インチ 液晶iPhone2018のレンダリング画像出回る〜ベゼル厚い? フラッシュ移動?〜

 一番売れる? 液晶6.1インチiPhoneの情報続々

 2018年秋に発売されるといわれているiPhoneは,有機ELディスプレイの5.8インチ,6.5インチの他,6.1インチの液晶モデルが新たに発表されるということがもはや既定路線のようになっています。

 この6.1インチという中途半端なサイズ感や,3DTouchが搭載されないと言われているディスプレイの「劣化」などから,私自身としてはその「存在意義」がよくわからないということで,以前に記事にしました。

 特にサイズ感のことに関してはその考えに全く変わりありませんし,iPhoneSE2という小型サイズの開発中止ともとれる記事が流れている昨今においては,
「なぜAppleまでもが画面サイズをどこまでも大きくするという愚作に出ているのだろう?」
という疑念がますます大きくなっています。

 そんな中,その6.1インチiPhoneの情報が続々と上がってくるようになりました。

 

愚策中の愚策! ベゼルが厚い?

 この中でも非常に気になったのが,
「6.1インチiPhoneのベゼルは,有機モデルのそれと比べて厚くなる」
ということです。

 実は,先日に「液晶保護フィルム」情報と関連して,「6.1インチモデルだけベゼレ部分が厚いことが気になる」ということを書かせていただきました。  そして今回紹介した記事の中にも,これを証明するかのような写真がありました。

f:id:es60:20180627205518j:plain

 う〜ん,かなり大きめのケースをしているのに,ベゼル部分の内周がはっきりと見て取れますね。

 記事によると,有機ELディスプレイではディスプレイを湾曲させて配置することでベゼルを薄くできるが,液晶では難しいのだとか…。

 えっ,ちょっと待ってください?
 Android勢では,液晶でありながら「極薄」ベゼルのモデルが存在しますよね?
「AndroidでできることがiPhoneではできないの?」
と,激し突っ込みたくなります。

 ジャパンディスプレイのACTIVE液晶などは,そのためにあるのでは?
 せっかくの「ベゼルレス化」なのに,はなっからケチがつきそうです。

 

カメラ部の変化はいかに?

 さらに二つ目の記事で話題にしているのは,フラッシュ位置の変化です。

f:id:es60:20180627210144j:plain

 横から下への移動に,何らかの意味合いはあるのでしょうかね?
 また,「シングルカメラ」据え置きはいいとして,このレンズ,かなり大きくなってませんか?
 不満あふれる6.1インチiPhoneですが,もしカメラレンズが拡大されることで,写りがよくなったり,明るくなったりといった改善がもたらされるようだったら,数少ない向上ポイントだと言えましょう。

 

 ちまたでは,この廉価版「6.1インチiPhone」が,売上げの半数を担うことになるだろうともいわれています。私はどうしてもこのサイズ感が許せずに,購入するなら5.8インチということで方針が固まりつつあります。

 本当はiPhoneSE2がよかったですが…と,未だ「SE2ショック」を引きずっている私です。
 将来的にも,是非コンパクトなサイズは残してもらいたいですし,ノーマルタイプのiPhoneも,5.8インチのサイズは残してもらいたい。

 いや,できるならば,5.8インチという画面サイズはそのままに,さらなるベゼルの薄さを目指して,ほんのちょっとでも筐体のサイズを小さくして欲しいと強く願います。最近のAndroid中華スマホでは,ディスプレイの「占有率」が話題となることも増えてきました。そのような技術向上を,「コンパクトさ」「扱いやすさ」という分野にも生かしてもらいたいと考えるのは私だけでしょうか?