カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「Mac Touch」のコンセプト画像? 絶対にあり得ません!

禁断の「タッチスクリーン式Mac」

 Windows機は,「タッチスクリーン式」をウリに,ぐいぐいときていますね。

 先頃発売された「Microsoft Go」も,低価格帯でありながら「Touch」ありというコンセプトでした。

 Macユーザーにも未だ「Touch待望論」があるのでしょうか?
 「Mac Touch」なる,タッチスクリーン式Macのコンセプト画像が紹介されていました。

f:id:es60:20180909184340p:plain

 

出ないでしょう…

 まあ,出ないでしょう…。

 「なぜ?」という問題以上に,このMac本体,ダサすぎません?
 こんな「カクカクデザイン」のMac,誰が欲しいと思います?

 フラットにするためのカクカクなんでしょうか?

f:id:es60:20180909184329p:plain

 「出ない」とする理由を考えてみました。

 

①Appleの基本方針

 これまでもApple側は,
「タッチスクリーンは出さない」
と何度も明言しています。

 また,その言質だけではなく,Appleの製品展開レベルでの基本方針が,タッチ式Macを必要としていないのです。

 基本的にタッチがどうしても必要な作業は「iPadで」というのがAppleの考え方。

 さらに,「MacOS」と「iOS」というOSレベルでの統合を現段階では否定する考えをクックCEOも明言していますので,Appleとしては,iOSデバイスでできることとMacでできることを「無理に融合する必要はない」と考えているのです。

 アプリレベルでの融合はありだがOSレベルのそれはなし…。
 私からすると,いかにもAppleらしく合理的で理路整然とした考え方のように思えます。

 

②技術的な側面

 更に,Macには「Trackpad」という魔法のデバイスがあり,お絵かき等の「直接的」な入力でなければ,「タッチ式」を必要としないほどの技術的下支えがあります。

 お絵かき系,PDF等への直接的な書き込みであれば,やはりiPadのようなタブレットがふさわしいと思うんですよね。

 その形状からいっても,可動性からいっても,どう考えても「持ち場が違う」のです。

 もちろんコストはかかるわけですが,「無理矢理1つのデバイスの詰め込もう」とするMicrosoftの考え方にはどうしても抵抗が残ります。

 

 

「タッチスクリーン式キーボード」は「あり!」

 しかし,唯一「あり!」というものを見つけました。

 タッチスクリーン式キーボード「TouchBoard」です。

f:id:es60:20180909190049p:plain

f:id:es60:20180909191231p:plain

f:id:es60:20180909190052p:plain

 これ,素晴らしいアイデアですね。

 まずキーボードとしては,物理的なものではなく,TrackpadやiPhoneのホームボタンにも採用された触感フィードバックによるもののようです。

 そしてそのキモは,キーボードに様々な画像を表示したり,別機能を持たせることができるということ。

 つまり,Macのスクリーンではなく,このキーボード状に加工したい画像やPDFファイル等を表示させ,ApplePencilのようなデバイスで書き込みをする…というような使い方ができそうなのです。

 

 これだったら,これまでの「動線」を崩さずに快適に作業できそう。

 

 Appleには,あくまでも「タッチスクリーン」以外の方法でアプローチしていただきたい!
 これまで培ったMacのよさを発展的に継承してくれることを願うばかりです。