カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhoneXSの有機ELディスプレイは,眼に優しい〜科学的データから〜

「眼に優しい」は気のせいじゃなかった!

 iPhoneXSに機種変し,その「よさ」がじわじわと感じられるようになったということを先日お伝えしました。 

 

 特に有機ELディスプレイに関しては,正に「目に見える形」で実感していたわけですが,ここに来てそれが科学的に証明させたという記事が出ていました。

 

「発光」のシステムと,「白」「黒」の描写が要因?

 記事内では,MPE(最大許容露光量・スクリーンを見ることで網膜が炎症を起こすまでの時間)と,MSS(Melatonin Suppression Sensitivity)スコア(ブルーライトによって眼の細胞が受けるダメージを測定する指標)の二つのデータを基にして説明しています。

 

 MPEに関しては,XS Maxは346秒,iPhone7の288秒を20%以上も上回ったとのこと。

 また,MSSについては,XS Maxは20.1%と,iPhone7の24.6%を下回ったそうです。

f:id:es60:20181013122908j:plain

 

 これだけの差が付いているのであれば,私が体感として感じていたことも,勘違いではなかったということが分かります。

 やはり,有機ELディスプレイの,LEDのドット一つ一つが発光するという「発光システム」により,液晶に必須であったバックライトが不要となったことが大きいのかもしれません。
 「黒」を発光せず表現できたり,「白」もギラつかなくなったりということが,直接的に影響しているものと思われます。

 

 眼の疲れ,ダメージのことを考えても,有機ELディスプレイの優位性が証明されたということで,大変意味のある記事となりました。

 

A12Bionicの性能にも言及

 また,記事内では,レビューサイト「Anandtech」のA12Bionicに関する調査結果についていも言及しています。

 なんでも,「Anandtech」が独自に調査したところ,A12Bionicは,A11Bionicに比べて実際には40%も高速になっており,パワフルなデスクトップCPUに匹敵する性能だということです。

 

 Appleは「15%」の性能向上ということを公言していますが,その性能については,これまでも「それ以上なのではないか?」という変な意味での懐疑的な見方が出ていました。 

 iPhoneXSユーザーとすれば,肯定的なデータが出てくること自体はもちろん大歓迎です。

 ただでさえチップ性能ではAndroid勢を凌駕しているiPhoneですので,今後も安心して使っていけそうです。