カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

NHKスペシャル「健康寿命」のデータがヤバすぎる!〜我が秋田県はお先真っ暗?〜

「不健康で短命」って…,絶望的ですね!

 10/13にNHKスペシャルで「健康寿命」を取り上げたようで…。

 直接見ていないのですが,Twitterで結構な話題になっていました。

 その騒ぎの大元になっていたのがこちらの「健康寿命グラフ」。

f:id:es60:20181014192812j:plain

 

 ええ,知ってましたよ。
 我が秋田は短命で,がん死亡率,脳疾患死亡率が非常に高いことも。

 

 確かに味付けは濃いでしょう。
 何せ食事には必ず「漬物」がセット。しかもかなりの濃いめ。恐らく関西風の味付けだと大概の人たちが,
「味がしない…」
なることが予想されます。

 

 やはり長年にわたる食生活が一番の原因ですかねえ。

 それに加えて「寒さ」
 脳疾患関係でいうと,やはり冬場の発症が多いということも聞きます。
 近年の住宅は高気密・高断熱で,「全館暖房」という考え方が浸透していますが,従来タイプの住宅では,
「居間は不必要に暖かく,トイレや脱衣所は寒く」
という寒暖差が大きく,冬場のそれらの場所での発症が多いようです。

 

 秋田では,この脳疾患全般について「あたる」(発音的には「あだる」)という表現をします。
 これ,日本の中でどの程度通じる言葉なのでしょうか?

 

 「あたる」ということばからして,いかに秋田県において「脳梗塞」「脳溢血」等の病気が身近であったかということが分かりますね。

 

寒くても健康長寿のところもある!

 意外なのが,石川,福井,富山という,北陸地方が健康長寿だということ。

 まあ純粋な気温は秋田の方が低いでしょうが,同じ雪国ですし,何がそんなに違うのでしょうかね?

 また,徳島,和歌山という,暖かい地方の県が不健康だということ。
 寒さだけが原因ではないことは明かなんですよね。だって,山形県の健康度の高さを見ると,
「なんで?」
と思っちゃいますもん。

 

 いずれにせよ,秋田県は今後,日本の中で最も早く超高齢化社会に突入することは明白です。
 恐らく数十年後の近い将来,秋田市以外の自治体は,その存続を巡って右往左往することになるはず。だって,ジジババしかいなくなるのですから…。

 インフラの整備だって追いつかないでしょう。
 自治体のサービスだってどうなることやら。

 

 その頃の私は立派にジジイです。
 せめて健康寿命を延ばして。人様に迷惑にならないように生きていたいものです。

 

 そして目指すは「ピンコロ」。
 まあ,どう考えても,今後の日本の行くすえは,それほど明るいようには思えないのですが…。
 なにをするにも「お金」ということになりそうですしねえ〜。