カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Adobeが「Photoshop CC for iPad」を2019年にリリース!〜ApplePencilとの融合に期待大〜

ついに来る!「Photoshop CC for iPad」

 MacとiOS機器との連携ということについては,常々話題に上っていますね。

 特に,「Aチップ」の性能が飛躍的に向上し,「Mac並み」といわれるようになってきた昨今では,まことしやかにこの手の噂が立っているようです。

 

 しかし,Apple側は「デバイス間」での連携は否定的な見解を続けています。
 例えばMacとiPadであれば,そもそもそのしよう目的が異なるわけで,Microsoftのようにむりやり「画面を取り外して」使用するような使い方は想定しないということ。

 それぞれの得意分野を生かしたデバイス戦略をとっているその考え方に,私は賛成です。 

 しかし,肯定的な見方をしているのが「アプリ間の融合」。

 iOS機器でもMacでも,同じアプリで同じことが,同じようにできるようになればメリットが生まれるということについては,想像に難くありません。

 そんな中,ついに巨人Adobeが動きました。
 「Photoshop CC for iPad」 のリリースを発表です!

f:id:es60:20181016210356j:plain

 

写真編集アプリの可能性,主役は「ApplePencil」!

 これ,私のようにマニアックな操作をしない人間にとっても非常に魅力的な考え方です。

 Macでできることが,iPadでもできる。
 そして重要なのは,「完全フルバージョン」だということです。

 これまでもMacとiOSに共通したアプリはありましたが,どうしてもiOS版は「簡略バージョン」となりがち。
 最後には結局Macで仕上げなければならなかったり,使い勝手が悪くてiOSアプリ自体を使わなくなったり…。

 

 これが,「完全フルバージョン」ということであれば,違うのは使い勝手の問題のみに絞られます。機能的に不満が全くなくなるのは大変ありがたいことですね。
 これも,「Aチップ」の性能向上があったからでしょう。考えてみれば,Mac並みのことをiOS機器でできること自体が夢のようなことです。

f:id:es60:20181016211622j:plain

 

 そして,「写真編集アプリ」として考えたときに大きなメリットとして考えられるのが,「ApplePencil」の存在です。

 細かな部分選択や色パレットの微妙な操作など,マウスやTrackpad以上の使い勝手を生むのが「ApplePencil」なのではないでしょうか?

 また,エフェクトをより直感的に操作したり,文字やイラストの書き込みをよりダイレクトに行ったりと,イマジネーションが広がる使い方が容易に想像できますよね。

f:id:es60:20181016211638j:plain

 

 この秋のベゼルレスiPadProの改訂と同時に,新型ApplePencilの登場も噂されています。

 現状では,ペアリング方法の改善くらいしか情報は無いようですが,機能的にさらなる上積みがあり,それが「これまでにないような操作方法に関わる」もので,さらに,今回のようなMac対応アプリをiPadらしく利用できるものであるなら,Appleにとっては「アプリとApplePencil」の融合という形の「新たなお宝」を発掘することになるかもしれません。

 

Photoshop以外のアプリにも…

 更に考えると,よりPencilの利点を味わうためには「Illustrator」のようなグラフィックデザインに関するアプリの方が,相性がいいのかもしれません。

 そうなると,12.9インチのiPadで手描き操作が自由自在…という夢のような操作環境が実現するかも…。

 

 また,これまでには無かったような,あたらしてジャンルの「MacーiPad連携アプリ」が登場する可能性もありますね。

 夢が膨らむ,アプリ間連携。
 来年度は,その黎明となるのでしょうか?

 非常に楽しみです。