カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

新型AirPods,11月末にも登場?〜「健康」「健康」言われると,ちょっと方向性が違うような…〜

おっと,新型AirPods! いきなりの発売ですか?

 今年後半は,Appleの新製品が続々と発表・発売され,その動向は別にして,非常に刺激的な時期となりましたね。

 人気が盛り上がらない新型iPhoneを見ていると今後のAppleの戦略が気になりますし,モンスターiPadProの情報が続々とアップされるのを見るとAppleの底力を感じさせられます。

 そんな中,非常に気になるニュースが飛び込んできました。

 以前から話題になっていた新型AirPodsですが,ついにBluetoothの認証機関であるBluetooth SIGの認証を通過したことが分ったというのです。
 これまでの情報においても,この認証を受けるとまもなく実際に製品化発表されることが殆どですので,新型AirPodsとのご対面も間近かもしれません。

 

AirPodsは「健康センサー」なのか? う〜ん,微妙…

 記事によると,モデル番号は「A2031」「A2032」。これ,右と左のAirPodの番号だというのですが,Bluetoothイヤホンって,左右別々に登録しなくちゃいけないんでしょうか?
 だとすれば面倒くさい話ですね。しかし冷静に考えると,双方から電波が飛んでいるということですので,「それもそうかな?」と納得したり…。ちなみに,どちらもBluetooth 5.0に対応するようです。
 こちらは,最新各デバイスと規格的には同等です。

f:id:es60:20181108205244j:plain

 

 それでですね…。

 個人的に最も気になるのが,この「新型AirPods」を「健康センサー」だとして大きく取り上げられている点です。

 従来のワークアウト,心拍数,消費カロリー等の測定の他,今後は「生体認証データ」をも測定するのだとか。

f:id:es60:20181109205701p:plain

 

 これは,Appleとして今後のAirPodsを,今まで以上に「健康」に寄せてくるという意思表明なのでしょう。

 どうでしょう?
 個人的には微妙なのですが…。

 自分とすれば,現在の状態,つまり,「自分が欲しいデータだけを適度に認識できる」位が丁度いいと感じます。
 これ以上AirPodsやAppleWatchに「見張られている」という状態をつくり上げられてしまうのは非常に窮屈に感じるわけです。

 

 あくまでもAirPodsはイヤホンであり続けて欲しい。
 あくまでもその範疇の中での発展を目指して欲しい。
 その程度が丁度いい。

 そう考えるのですが…。

 

ところでノイズキャンセリング機能は?

 あまりに唐突に,「健康志向の強化」を告げられてドギマギしているわけですが,本来私が最も注目してきたのは「ノイズキャンセリング機能」です。 

 

 以前から,
「AirPodsのようなカナル型のイヤホンで,ノイキャンは可能なのか?」
「ノイキャン機は音質低下が常識。それは避けたいのだが…」
ということを主張してきました。

 あまりに過度に「健康」に振りすぎてしまうよりも,音質等の本来の部分をブラッシュアップする方がいいと考えるのですが…。

 需要を考えても,そちらの方が絶対にいいと思いますよ,Appleさん。それと,純正のオーバーイヤー型ヘッドホンも忘れずにね!