カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

ARMベース「Mac」のベンチマークスコア現る!〜Intelに痛烈な一撃を与える驚愕のスコア…買い換え時期が難しく〜

ついにARMベース「Mac」が動き出す!

 近年のMacは「IntelMac」とも呼ばれ,CPUにはインテル製を用いてきました。
 個人的には,自社製CPUを搭載してた時代のMacを利用したことがありませんので,Intelチップの功罪について詳しく語れる知識は殆どありません。

 しかし,Intelチップを搭載することで,MacとWindows機との垣根が低くなったのは事実なのではないでしょうか?
 実際,MacでもWindows機と同様の機能を有しますし,メジャーどころを中心にアプリ(ソフト)の移植も盛んになっています。
 また,OSレベルでWindowsとの共有を図りたければ,「ブートキャンプ」や「仮想化」という奥の手もあります。

 ユーザーは,操作性や活用目的,モバイルデバイスとの連携等を考慮して,「MacかWindowsか」を選択できる時代になったことは,非常に喜ばしいことです。
 かくいう私も,これらの条件が整ったことでWindowsから移行することのできた一人です。
 以前であれば,ごく一般的な用途であれば「Windows一択」というのが現実でしたので…。

 さて,昨年度来,
「MacがIntelに決別し,自社製ARMベースのチップを搭載するのでは?」
という噂がまことしやかに囁かれていました。

 そしてついに…。
 ARMベース「Mac」のベンチマークスコアが流出したという記事が来ています。

 

驚愕のスコア! これだったらIntelはいらない

 まずは,記事内で紹介されているAチップのベンチマークスコアを見てみましょう。

f:id:es60:20190317102701p:plain

 これだけではどのくらいの性能なのか分かりませんので,現行Mac Proのスコアと比べてみましょう
 MacBookPro2018のスコア一覧がこちら。

f:id:es60:20190317103433j:plain

 !!!
 なんと,CPUベンチでは,どのMacBookPro2018よりも高い数値になっていますね。
 しかも「シングル」においては「ぶっちぎり」状態!
 これは素晴らしすぎる!

 次に,グラフィックス性能の比較を…。
 Corei7搭載のMacBookPro15インチモデルのスコアがこちら。

f:id:es60:20190317103727j:plain

 Aチップ搭載機のMetalスコアが「RadeonPro 560X」とほぼ同等の数値に…。
 つまり,Aチップ内蔵のグラフィックス性能だけで,外部GPU並みの性能をたたき出すことができるということです!

 驚愕の性能ですね。

 

残される課題は価格,発売時期,Windowsとの親和性

 ここまで外堀が埋まってくると,残された課題は3点かと…。

①価格
②発売時期
③Windowsとの親和性を維持できるか

 これらについての疑問・懸念を次回の記事で書かせていただきます。