カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

東プレから「RealForce for Mac」が登場!〜「ひらがな入力」故の変態的悩み…〜

ついに登場! Mac専用「RealForce」

 これまでの経験上,最も打ちやすかったキーボードは,30年弱ほど前のワープロ専用機「NEC文豪」のキーボードです。

 十分なキーストロークと,絶妙な「スコスコ感」。
 現在主流となった「薄型」のキーボードとは真逆の発送なのでしょうが,本当にタイプミスが少なく,超高速で打てていたと記憶しています。

 「ワープロ専用機」が廃れ,誰もがPCのワープロソフトを使うようになり,私のキーボード探しの旅が始まりました。
 様々な試したのですが,一時期はメカニカルキーボードにはまっていた時期もあり,FILCOの「 Majestouch」をしばらく愛用していました。

 しかし…。
 何かが違うのです。あの「スコスコ感」。「カチカチ」ではない自然な打鍵感。
 そして出会ったのが東プレの「RealForce」シリーズでした。
 堅牢な筐体に,あの「すこすこ」とした打鍵感。そしてとてつもない耐久性を備えたそのキーボードは,お値段も驚きできたが,いざ使ってみるともう戻れない「絶対性」があり,テンキー付きとテンキーレスの2台を購入して,自宅,職場と使い分けるほどでした。

 しかし…。
 Windows環境からMacへと完全移行してからは,どうしてもApple純正のMagicKeyboardを使用することに。
 途中でRealForceをMacで使用するためのキー割付アプリも試してみましたが,どうもしっくりこなかったため,現在では自宅のRealForceは眠ることが多くなっています。
 MagicKeyboardもあれだけ薄いのにまずまずの感覚で打てるので,そんなに悪くはないのですが,「ミスタイプ」「打鍵感」ということでいうと,どうしてもRealForceにはかないません。

 恐らく,これには,私の入力方法が「ひらがな入力」であるということが関連しているのだと考えています。
 ローマ字入力に比べて使用するキーが多くなり,特にキーボード上での上下動が増えてしまうひらがな入力。指を動かす際に,「横スライド」に加えて,どうしても指を浮かせて上の5段目のキーを打つという「縦スライド」の動きが癖になっているのだと思うのです。
 よって,薄っぺらい現在主流のキーボードでは,無駄な動きが出てしまってミスタイプが出てしまうのでしょう。

 そんな悩みを抱えている中,私にとって本当に非常に悩ましい情報が…。
 東プレがついに「マック専用RealForce」を発売するというのです。
 何故「悩ましいのか」というと…。
「JIS配列なのに,仮名刻印がない仕様」だということで…。

 

悩む! 英字刻印のみのキーボードで「仮名入力」の変態性

 まずはこの記事を発見したときには狂喜乱舞したわけです。
 これまでの悩みが一気に解決するわけですから。

 しかし…。
 東プレのホームページを詳しく見ていると,一抹の不安が…。
 まずは,商品の画像には仮名刻印がありません。

f:id:es60:20190317134132j:plain もちろんキー配置は,Macのそれになっていますし,そのフォルムやキーのつくりなどはRealForceそのもので,よだれが出る状態なのですが…。
 しかし,商品説明には「日本語」「JIS配列」と明記されています。

 更に読み進めると,このような画像が。

f:id:es60:20190317134318j:plain

 あえてこのような書き方をするということは,
「仮名刻印無し→ひらがな入力ができない?」
ということなのか?

 あまりに心配になって,3月中とされている発売時期と併せて,東プレに問い合わせてみました。
 その解答を掲載します。

f:id:es60:20190317134608j:plain

 つまり,あくまでも「JIS配列」なので,ローマ字入力,かな入力共に日本語入力に対応しているものの,デザイン上の問題で(殆どがローマ字入力だという事情もあるのでしょうが),「仮名刻印」のみを削ったということなのです。

 さて,ここに私の「変態的な悩みタネ」ができました。
 「かな入力をするのに,仮名刻印がないキーボードを購入しようと,本気で悩んでいる」
わけです。
 分かっています。自分でも。
 こんなことで悩んでいる人間は,殆どいないであろうことは…。

 

ブラインドタッチはしているものの…

 もちろん,かな入力と30年付き合っているわけです。ブラインドタッチは完璧です。
 しかし,普段「何気なく」目線をキーボードに落とした際に,キーの刻印を「何気なく」確認しながら打っているという感覚はもっています。キーを探している…ということではなく,指の動き,置き場所を,微調整するために確認しているとでも言いましょうか…。

 これを,仮名刻印無しのキーボードにした際,果たして不都合は生じるのか,生じないのか…。
 正直なかなかイメージが湧かない状態です。それくらい身体に染みついている部分なのでしょう。
 さて,どうしたものか…。
 RealForceの快感,安心感を求めて突入するのか…。
 それとも「感覚」の部分を大切にして踏みとどまるか…。

 現在,めちゃくちゃ悩んでおります!

f:id:es60:20190317140715j:plain

 なお,ホームページ上でも「3月発売」となっている本商品ですが,前述のメールの返答にもあったように,発売が「4月上旬」にずれ込んでいるようです。
 実際に問い合わせしたことで,猶予期間が延びたと考えるべきか? それとも苦しみの時間が延びた?

 どうしましょ?