カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AirPods(第2世代)ゲットした!③〜実際の活用場面でのレイテンシ(遅延)の影響とQi充電 編〜

AirPodsの活用場面を再考する

 前回まで,AirPods(第2世代)をゲットして初代と比較した上で,その性能向上ぶりは認めながらも,一般的には,
「初代からの買い換えの必要なさそう」
という結論に至りました。

 デバイスとの接続やレイテンシの軽減,通話時間の延長など,確実に初代を上回った性能アップが図られています。
 しかし,それらが「劇的」といえるほどのものではないこと,また,初代でも十分な性能をもっていたことがその最大の理由でした。

 また,「イヤホン」として考えたときに,音質向上に全く重きを置かれていないということも「積極的に推す」事のできない理由の1つでもあります。

 しかし,私は新型を購入して後悔をしているわけではありません。
 第2世代の実態を踏まえ,2台となったAirPodsをどのように活用していこうか…という試行段階に入っております。

f:id:es60:20190326201817j:plain

 あっ,もちろん「初代は現役」ですよ!
 性能的には全く問題がないので,バリバリで働いていただきます!

 

最大の問題はレイテンシ

 まずは私がどのような場面でAirPodsを活用しているか…。

 まずはワークアウト時
 あんな形状なのに,その軽さとケーブルレスという特徴から超絶に「落ちにくい」というたぐいまれな長所を持ち合わせているAirPods。
 「カナル式がいい…」という声も多いようですが,ワークアウトのことを考えたら,
「耳の中を圧迫しないのに落ちない」
というAirPodsの考え方が私は好きです。

 後は家の中でも外出時でも,「気軽に音楽を聴きたい」とき
 じっくり聴きたいときには「MOMENTUM True Wireless」という奥の手がありますので,ここは完全に使い分けています。

 それでです…。
 第2世代AirPodsを購入した最大の目的は,レイテンシが大幅に軽減されるということで,iPadでの動画視聴に耐えうるのではないか…と考えたことでした。

 しかし,前回お知らせしたとおり,気がつくレベルとして遅延は存在するわけです。
 ピアノ等の「音楽演奏関連」では,全く使い物にならないレベルだと判断しましたので,こちらを試聴するときには有線のEarPodsを使用することが決定。面倒ですが仕方ありません。そのためのiPadPro10.5インチ購入でしたので。

f:id:es60:20190328101546j:plain

 問題はここから。
 前回も書きましたが,通常の動画では,
「遅延があることは分かるものの,ギリギリ耐えられないことはない」
というレベルなのです。
 前回の記事を書いてから,YouTube等の動画をAirPods(第2世代)で試聴してみまして…。
「何とかいけそうかな…?」
という,現段階での評価を下しました。
 よって…,次のように2台を使い分けることにしました。

・AirPods(第2世代)・・・iPadPro10.5インチでの動画試聴用,気軽な音楽鑑賞用
       →ただし,遅延が目立つ動画の場合には有線を利用する
・AirPods(初代)  ・・・・ワークアウト用

 次回噂されているビッグチェンジの際には,レイテンシの更なる向上を目指し,どのような動画,ゲームにも対応できるレベルまで仕上げてもらいたいと強く願います。

 

AirPowerあってのApple製Qi充電対応デバイス

 レイテンシ同様,心配になるのはAirPowerです。
 今回発売された充電器にAirPowerの図が掲載されていたということで話題を呼んでいますが,ChargingCase付属のAirPodsの箱の側面にも以下の記載があります。

f:id:es60:20190328100228j:plain

 もう明確に「AirPower」という文言を打ち出していますので,これ,早々に発売しないとヤバイ状況になってますね。

 以前にも書きましたが,今回私が第2世代の購入を決めたもうひとつの要因が,「充電場所の一括化」ということでもありました。
 つまりこのような…。

f:id:es60:20190321093342j:plain

 Qi充電対応デバイスを続々と発表し,今回のような「記載」もあった上でAirPowerが出ないようであれば…。
 Appleの姿勢そのものが問われることになりそうです。