カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

東野圭吾・令和初の書き下ろし「希望の糸」が7/5に発売〜新キャラ登場?「若き刑事」が挑む長編ミステリー!〜 ★レビューの追記あり!★

令和初の書き下ろし!「希望の糸」が7/5に発売

 令和になりまだ日が浅いですが,個人的に「単行本が出たら即購入」と決めている作家さんの新作は未だ出ていませんでした。
 平成の終盤は,「新章 神様のカルテ」「麦本三歩の好きなもの」「同潤会代官山アパートメント」と,なかなかの秀作新刊に大きな刺激を受けることができましたので,「次」を期待していたのですが,このままで行くと,6/13発売手予定の池井戸潤さん「ノーサイド・ゲーム」が,私にとっての「令話第1弾」となりそうです。

 そんな中,「第2弾」になりそうな情報が入ってきました。
 東野圭吾さんの令和初の書き下ろし作が,7/5に発売されるようです。
 タイトルは「希望の糸」

f:id:es60:20190512090355j:plain

 さてさて,どのようなストーリーなのでしょうか?

 

新キャラ刑事登場?

 前作「沈黙のパレード」は,ガリレオシリーズの中で最も科学トリックに頼らない本格推理ものになりました。 

 個人的には東野さんの重厚な作品群が好みですので,近年の中でも秀作の部類の入るのではないかと考えた作品でした。

 その作品に次ぐ,今回の「希望の糸。」
 Amazonの紹介ページを見てみると…。

f:id:es60:20190512091134j:plain

とあります。

 容疑者の抱える「深い悩み」とは何なのか? 気になるところですね。
 さて,それ以上に気になるのが「若き刑事」という部分です。
 東野作品といえば,「加賀シリーズ」「湯川シリーズ」の他,最近でいえばマスカレードホテルの「新田・山岸」など,長きにわたってシリーズ化される登場人物も多いわけですが,今回の「若き刑事」と一体誰なのでしょう?

 これまでにも登場したことのある「誰か」なのか?
 それとも,全く新しい刑事なのか?

 私としては,「令和初」ということを売りにしている講談社側の姿勢を見ても,「新キャラ」があり得るのでは…と考えたりしています。

 

重厚な作品になりそうな予感

 内容紹介を見ると,「災害で子どもを失う」という悲惨な運命を辿ってきた男を中心にストーリーが進むようですね。だとすれば,恐らく内容も重厚で様々な人間模様が絡み合った読み応えのあるものになるのではないでしょうか? 令和初としては,大変好ましいことだと考えます。

 また…
 「容疑者たち」という文言から,犯人は「一人」ではなく「複数」という可能性も…。「沈黙のパレード」同様,一筋縄ではいかないストーリー,トリック,人間関係などにも期待してしまいますね。

 ちょっと残念なのは,単行本のページ数が「208ページ」となっていること…。
 令和初頭に間に合わせるために,「中編」ものになったのか?→「その後354ページに変更あり」
 東野ワールドをたっぷりと味わいたい身としては,いつもどおりの長編がよかったかな〜…。

 まあ,大切なのは中身です。
 短いながらも読み手が納得できるような作品になっていることを願わずにはいられません。

★追記 読後レビュー★