カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

MacBookPro15インチ(2019)導入記②〜新キーボードの印象とディスクスピード〜

キーボードはどのように進化したのか?

 MacBookPro15インチ(2019)購入後のレビューを行っております。
 ここまでは,15手インチを選択した理由,手にした第一印象,ベンチマーク等について話題にしてきました。  

 今回は,何かと話題の「キーボード」の印象と,SSDのディスクスピードに関して書かせていただきます。

 

新素材「ナイロンポリマー」を採用したシリコン膜

 現行MacBookProが2016年に登場して以来,そのキーボードは酷評されてきました。「反応しなくなる…」「ゴミが入りやすい…」等の苦情が相次ぎ,実際にAppleも珍しく迅速にその対応に当たってきた感があります。

 実は私,所持している「MacBook Pro(Late 2016)」の第2世代バタフライキーボードが非常に大好きでした。
 打鍵音は少々甲高いものの,吸い付くようなキータッチの感覚は最強だと考えていたくらいです。確かに細かいゴミには気を遣いましたが…。

 2018モデルでは,キー下のシリコン膜が改良されるなど,細かなアップデートを繰り返していたものの,自体はなかなか収束しなかったようで…。
 そして2019モデル。
 早速キーボードが分解されて,実情が明らかになりました。

f:id:es60:20190525092326j:plain

 主な変更点は以下の2点のようです。

①キーボード下シリコン素材に「ナイロンポリマー」採用

  2018モデルでもキーボード下の素材がシリコンに変更になったということが話題になりましたが,今回はその素材に更に手が入っているようです。
 なんでも,従来のものよりも透明度が高く,「ナイロンポリマー」という新素材が採用されているようです。
※化学素材には詳しくありませんが,gori.meさんでは,
「従来のポリアセチレンから,ポリアミドへ変更」
としています。

「MacBook Pro 2019」のキーボード、スイッチカバーに使用されている素材が変更されていることが判明 | gori.me(ゴリミー)

f:id:es60:20190525123955j:plain

②キードームスイッチ構造の改変

 キーが押されたのを検知するスイッチの表面の仕上げが旧モデルと異なっている模様。改善された熱処理や新合金が採用されている模様だとのことです。

f:id:es60:20190525125214j:plain

 さて,肝心の打鍵感はといえば…〈MacBook Pro(Late 2016)と比較して〉
①キータッチ時の「音」が 非常に静か。
②巷で言われるほど,「キーストロークが深くなった」とは感じない。むしろ2016モデルの方が深く押せている感じがする。
③2016モデルで感じられたキーの「遊び」のような感覚が殆ど無い。これが②のストロークの感覚に繋がっている可能性がある。非常に「正確性」を感じるキーボードである。

 総じて,「信頼性」「堅牢性」を感じる方向に進化しています。

f:id:es60:20190523211512j:plain

 が,しかし…
 個人的なタイピングの感覚は,2016モデルのほうが好きですね〜。手に吸い付くような感覚で打てたんです。旧タイプ。
 2019モデルは,「国籍不明」というか,Appleらしい独自性が感じられないのもマイナスに感じている要因かもしれません。
 まあ,実用的には悪くないんですけどね。

 

「BlackMagic Disc Speed Test」の結果は?

 最後に,「BlackMagic Disc Speed Test」の計測データを掲載します。
 上から,
「MacBookPro15インチ(2019)」→SSD512GB
「iMac(2019)」→SSD1TB
「MacBook Pro(Late 2016)」→SSD256GB
となります。

f:id:es60:20190525133536j:plain

f:id:es60:20190525133549j:plain

f:id:es60:20190525133604j:plain

 いかがでしょうか。
 「読み込み」以上に「書き込み」の差が目立ちますね。
 特に2016モデルの書き込みは数段劣るという印象です。
 一般に,「容量が大きいほど速度が速くなる」といわれるSSD。今回も,「1TB」のiMacのスピードが速いのは,そのようなSSDの特徴が現れているのでしょうか?
 
 次回は,実際に使用してみて感じたことなどを思いつくままに書いてみたいと思います。