カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

いくら何でもありえない「16インチMacBook Pro」と「iPhoneⅪ」のコンセプト動画が流出

世界中の予想の斜め上を行くコンセプトに「笑」

 2019iPhoneの登場まで,いつの間にか3ヶ月を切りました。 
 しかも今年は16インチMacBookProの登場まで噂される始末…。 

 本当に来ますかねえ〜,この秋に…。
 全面改定? 
 16インチの新設?
 13インチも同時改訂?
と,疑問は尽きません。

 さて,そんな中,かなり突拍子もない「iPhoneⅪ」と「16インチMacBookPro」のコンセプト動画が発表されています。

 いやいや,それはないでしょ!

f:id:es60:20190628191601p:plain

 

iPhoneは論外,MacBookProは時期尚早

 まずもって「論外」と感じてしまうのはiPhoneⅪの背面デザイン。
 もはや「トリプルレンズの正方形配置」という情報が乱れ飛び,「確定マーク」がつきそうなほどになっているこの時期に,このデザインを出してくるとは…。
 なかなか勇気が必要ですね。

f:id:es60:20190628192734p:plain

 さすがにこれはないでしょう。
 ということで,Macの方の話題を…。

 この動画内で紹介されているMacBookProがこちら。

f:id:es60:20190628192948p:plain

 ポイントはキーボードですね。
 なんと,キー一つ一つに「ディスプレイを内蔵」しているとされています。

 これを見て以前に話題にした情報を思い出しました。
 それがこちら。

 キーボードそのものをガラスコーティングで覆い,「触覚フィードバック」で打鍵感を演出するという,超斬新なAppleの特許です。 これであれば,TouchBar同様にキーボード部分に有機ELを埋め込むことで,おのおののキーを別表示にすることも可能かと…。

f:id:es60:20190628193408j:plain

 しかし…。
 さすがにこれを今年の秋に投入するというのは,あまりに時期尚早かと思います。

 iPhoneの完全OLED化も終了せず,iPadへのOLED移植も進んでいない中で,ありえない話です。

 

やはり気になる「16インチ」の位置付け

 というわけで,現実的に考えると,以前の記事のように
「16インチモデルの位置付け」
という部分に帰って行きます。

「15インチの置き換えなのか?」
「15インチは残して,新設するのか?」
という部分。

 さらに,
「13インチも大きな改訂となるのか?」
という疑問も加わって,頭の中はぐちゃぐちゃですね。 

 今回のようなコンセプト動画もかなり「突拍子もない」ものでしたが,「マイナーチェンジの5ヶ月後に全面改定」というスケジューリングもかなり突拍子もないと感じます。

 本当にAppleは大改訂を行うつもりなのでしょうか?