カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2020iPhoneのデザインは「iPhone4化」するのか?〜Face IDカメラベゼル埋め込みとの整合性は?〜

2020iPhoneはビッグチェンジ?

 機能的,デザイン的には,さして大きな変革がなかった2019iPhone。

 それ故か,今年はiPhone11・Proが発表される前から,リークされる情報が「2020iPhone」へと移行するという前代未聞の事態となりました。 

 その中で注目されていたのが,
「2020iPhoneは,5.4インチ&6.7インチへと,ディスプレイサイズが変更される」
という情報です。本ブログでも取り上げさせていただきました。 

 根拠となっていたのが,以下の表ですね。

f:id:es60:20190928182919j:plain

 5.4インチ&6.7インチがフラッグシップ,6.1インチが廉価版です。
 全ての機種がOLED化するということですので,フラッグシップと廉価版とをどこで差別化するのかが勝負所ですね。
 「5G」? 「TouchID内蔵ディスプレー」? 「ApplePencil対応」?

 さて,今から話題豊富な2020iPhoneですが,この度そのデザインについてのリークが飛び出しました。
 iPhone4のようなサイドエッジの効いた側面になるというのです。

f:id:es60:20190928183725j:plain

 

Face ID用カメラのベゼル内埋め込みとの整合性は?

 まあ,iPhoneX登場から丸3年になるわけで,近年の「3年クール」での改変期に当たります。思い切ったデザイン変更があっても不思議はないですよね。

 ここで興味があるのが,盤面と全体のデザインとの整合性です。
 先日にも話題にしたように,一部有力アナリストの情報として,
「2020iPhoneはノッチレスになり,上部ベゼルにFace IDカメラを含めた各種機能が埋め込まれる」
という噂が飛び出しています。
 画像も紹介されていますね。

f:id:es60:20190928131903j:plain

f:id:es60:20190928131924j:plain

 現行のiPhoneでは,周囲のフレームがラウンド処理されています。
 これがiPhone4のようなエッジの効いたフレームになると,ラウンドして丸くなっている部分が直線状になることで,厚みを僅かに広くとることができそうですね。
 ベゼル内に各種機器を埋め込む場合には,この1㎜未満の隙間さえ貴重なのかもしれません。

 また,iPhone4時代と比べて飛躍的に薄くなったiPhoneにおいて,周囲のフレームと本体のガラスの厚みの関係性も気になりますね。
 フレームを薄くしてガラスの方に厚みをもたせすぎると,ガラス部が盛り上がってガラス欠け等の原因になるでしょうし,フレームを厚くしすぎるとガラス保護にはなるでしょうが本体そのものが厚くなってしまいます。

 Appleがどのようなエッジ処理やベゼルとの関係性を提案するのが今から楽しみです。

 

ベゼルは厚くなる?

 ちなみに,上記のようにFace ID用カメラをエッジに埋め込むようになると,現行機よりも全体のベゼルが厚くなるという情報もあります。

 iPhone11はもちろんベゼルが厚いのですが,iPhone11Proでさえ,Android勢に比べるとベゼルが厚く感じます。
 個人的にはノッチよりもベゼルが厚くなる方が違和感を感じます。
 本当に「ベゼル埋め込み式」になるのかな? 
 それくらいだったら,現行のノッチよりも小さくしたノッチを残してもらいたいと考えるのですが…。