カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「AirPods Pro lite」は必要か?〜ノイキャンの有無,価格設定…疑問符がてんこ盛り〜

「AirPods Pro lite」は誰のため? 何のため?

  「AirPods Pro lite」の噂が流れています。

 なんでも「AirPods Pro」の下位バージョンのようですが,個人的にはどう考えても納得がいかないことが多く,記事にはしないまま様子見をしていました。 
「こんな中途半端なモデルを,Appleは出して来ないのでは…」
という思いがあったからです。

 しかし,リークされる情報量は増えるばかり。
 出るんですかね?

「誰のため?」
「何のため?」
という素直な疑問について書いていきたいと思います。

f:id:es60:20200222123008j:plain

 

「ノイキャンなし」の衝撃

 まずもって,ここまで出ている情報を整理してみましょう。

・筐体はAirPodsProと同じ
・ドライバーユニットもProと同じ
・ノイズキャンセリング機能非搭載
・価格はProとノーマルAirPodsとの中間

 私がシンプルに驚いたのは,「AirPods Pro lite」が,ノイキャン機能を搭載しないという点です。

 個人的には,AirPods Proの音質には全く満足していませんし,音質だけで言うならば,ノーマルAirPodsの方がクリアで聴きやすくて上だと考えています。 

 ノイキャンを聴かせるためにカナル式に変更されたということで,「強力なノイキャンありき」のイヤホンがAirPodsProの位置づけのはず。
 それなのにノイキャンが付かないなんて…。
 最新の筐体なのは分かりますが,音質がもこもこしたノイキャンレスのイヤホンを,わざわざ買いますかね?

 素直にノーマルAirPodsに行った方がよっぽど幸せになれると思うのですが…。

 

価格設定も微妙

 また,痛いことに価格設定も非常に微妙です。

 以前の情報では,「ProとノーマルAirPodsの中間」とされていました。
 つまり,199ドル(日本での税別販売価格:22,800円)と,249ドル(同27,800円)の間ということ。

f:id:es60:20200222123218j:plain

 しかし,この価格帯の中間となると,非常にタイトな価格帯の中にねじ込まなくてはならなくなります。
 僅かな価格差しかないのだったら,誰だってノイキャン付きを買いますよね?

 これに対し,9to5Macでは,「lite」の価格を現行のワイヤレスChargingCase付きAirPodsの「199ドル」に押さえ,ノーマルAirPodsは優先充電タイプのみにするという予想をしています。

f:id:es60:20200222122348j:plain

 どうですかね?
 ChargingCase付きがディスコンになるというのはちょっと飛躍しすぎでは…?
 私は,今後のQi充電対応を考えたら,ChargingCase付きAirPodsの価格を「17,800円」にまで下げた方が受け入れられやすいと思うのですが…。
 ディスコンにするなら,ChargingCaseが付かない方…。

 あるいは,ChargingCase付き,付かない方の両方を値下げして,
・ChargingCase付き→17,800円
・ChargingCaseなし→15,800円
程度にするとか。

 「AirPods3」の噂もある中ですので,価格設定とラインナップのバランスは非常に重要です。Appleには間違えないでいただきたい!