カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AppleWatch Series6では「タキメーター」搭載の「インフォグラフ・プロ」盤面が新登場!〜Series6限定盤面がやっぱりほしい〜

「見栄え」においても変化がほしい!

 本ブログでは,「AppleWatch Series5の不出来」について何回か書かせていただいています。  

 チップを含め,基本性能はSeries4と変わらず…。
 売りであった「常時表示ディスプレイ」も,その反応やスリープ時の表示の微妙さが感じられますし,第一にバッテリーもちが最悪です。
 以前の記事にも書きましたが,新機能を搭載する場合には,以前の使用環境をキープすることは鉄則。これまでよりも大幅にバッテリーが減る状況において成立する「常時表示」であれば,その価値が半減すると私は考えます。

 更に…。
 Series5においては,それまで存在した「その世代独自のオリジナル盤面」が存在しませんでした。
 Series4が出たときの「インフォグラフ盤面」はかなりの衝撃的だっただけに…。基本的に現在も,私はこの盤面を使用しています。

f:id:es60:20190921092048j:plain
 当然Series5登場時にも「オリジナル盤面」が登場するものと思っていましたが,見事なスルー。魅力ある盤面の少なさが大きな弱点であるApple Watchにしてみれば,大きな痛手だったと考えます。

 性能も,見栄えも前モデルと変わらず…。
 その他のメーカーにとっては,Appleが停滞している今こそがチャンスなのですが,なかなか台頭する勢力が見当たりませんね。

 しかし…。
 ついに「Series6」「WatchOS7」では,新盤面が登場することになりそうです。
 「タキメーター」がついた「インフォグラフ・プロ」が来る?

 

もう一捻りほしいApple Watchの盤面デザイン…

 本当であれば,現在も「インフォグラフ」以外の盤面を使用したいのです。しかし,魅力的なものがない…というのが本音。

 情報量が欲しい方なので,四隅を効果的に活用できる「丸形」のデザインが好きなのですが,下のような「カリフォルニア」のデザインでは,中央の青い部分が狭く,盤面全体が小さく感じます。

f:id:es60:20200310191624p:plain

 外周上の点線ラインまで青の部分を広げ,青地の内部に「分」の目盛りを打ったほうが,盤面が大きく見えたのではないでしょうか?
 このあたり,Appleの盤面デザインは,あまりセンスを感じません。

 情報量,盤面や文字の多きさ,見栄えのいいデザイン…。
 丸2年,大きく変わっていないわけですので,Series6では,大きく進化を遂げてほしいものです。

 前掲の記事によると,タキメーターがついた「インフォグラフ・プロ」なる盤面が新登場するようです。もう,この盤面に期待するしかありません!
 タキメーターというのは,簡易的に時速を測定するための目盛りですね。

f:id:es60:20200310192141j:plain

 クロノグラフモデルの時計の,最も外側部分に配置されていることの多い目盛りや数値。見栄えも良くなりますので,実際には利用しなくても,好んで選んでいる方も多いのでは?
 これがApple Watchにつくとすれば,随分ゴージャスな盤面になりそうな予感です。

 「インフォグラフ・プロ」と銘打つくらいですので,現在のインフォグラフ盤面を基本に,その外側にタキメーターを配置するようなデザインか?

 心配なのは,タキメーターをつけることで,肝心の表示域が狭くなってしまうことです。私からすると,それだとだめなんだよなあ…。
 もう,いっそのこと「丸形にしちゃえば?」と思うほど,Apple Watchのデザインに関しては停滞してしまってるのではないで消化?
 さて,一体どのようなデザインで出てくるのか…?

 あっ,当然タキメーター使用時の「速度計算」はWatchが自動で行ってくれるんですよね?
 この部分を人間が行っているようでは,全く「スマート」ではありません。

 

そろそろサードハーティーの出番では?

 Apple Watchの盤面デザインを,サードパーティーに開放する…ということについては,数年前から話題に登っていた事象です。

f:id:es60:20200310193414j:plain

 もはやデザイン面で迷走しているわけですので,WatchのAppStoreを使用してアプリ同様,有料で開放してみてはどうでしょうか?

 私だったら,お気に入りの盤面があったなら,数百円程度の投資は行います。Appleの独占は,そろそろ限界なのでは? 

 潮時だと思うのですが…。