カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AppleWatch Series6を早速オーダー!〜9/18に到着予定です〜

オーダー完了! 「AppleWatch Series6」

 9/15のAppleのイベント…。

 結局は,iPad(第8世代),iPad Air(第4世代),AppleWatch Series6,AppleWatch SEの発表という,大方の予想通りの展開となりました。

 ダントツでインパクトがあったのは「iPad Air4」でしょう。
 「電源ボタンTouch ID」と「A14Bionic」の搭載…。
 新技術の投入と下剋上…。こちらについては,後日記事を書きたいと思っています。

 さて,とりあえずの本日の報告は,「AppleWatch Series6」のオーダーです。
  いつもどおり,以下のようなパターンで発注しました。

f:id:es60:20200916180553j:plain

 

バッテリーもち,WatchOS7,盤面カスタマイズに注目!

 詳細な仕様についてはAppleのHPに譲るとして,私が注目しているポイントは,

・バッテリーもち
・WatchOS7
・盤面カスタマイズ

です。

 とにかく絶望的にバッテリーもちが悪かった「Series5」。カタログ上のスペックでは,Series4とバッテリーもち時間に変化はなかったのですが,実際はとんでもなく燃費の悪い機種でした。
 「常時表示ディスプレイ」という新技術が投入されたことが大きいとは思いますが,そのあまりの悪化ぶりに,目を疑ったほどでした。

 問題は,この「常時表示を使った際のバッテリーもち」です。
 新チップの搭載による省電力化に期待したいのですが,Series6では,常時表示スリープ時の画面をより明るくした…ということを強調していることが気になります。
 つまり,新チップで「浮いた分」を,常時表示の視認制向上に割り振ったのであれば,バッテリー向上は見込めなくなるということ…。

 また,Series6では,常に「高度計」の機能が働くということで,こちらもバッテリーもちに関係してくるかも…。
 結局Series5と同等…というところに落ち着きそうで,嫌な予感しかしません。

 残る注目ポイントである「WatchOS7」「盤面カスタマイズ」に関しては,WatchOS7にアップデートできる機種であれば全てが受け取ることができるメリットですので,「Series6のみが感じられる優位点」という捉えからすると,今回のSeries6は弱いのかもしれませんね。

 

9/18の到着です!

 思わずいつもより早く目が覚めた早朝に早速ポチりましたので,最速の9/18に到着する予定です。

f:id:es60:20200916180304j:plain

 9/18の18:00の時点の到着日時が,以下のようになっていますね〜。

f:id:es60:20200916182336j:plain

 他のモデルに関しても,すでに到着予定日のステータスが9月末〜10月上旬に変わっていることから,新モデルはある程度はオーダーが入っているのでしょう。

 外観も変わっておらず,なかなかインパクトに乏しい今回のSeries6ですが,果たして使い勝手に変化があるのは?

 到着が楽しみです!

f:id:es60:20200916180404j:plain