カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「A14XBionic」搭載「AppleSilicon Mac」のベンマークが流出?〜これが「底値」でしょうから,期待はできる!〜

残るはいよいよ「AppleSilicon Mac」!

 iPhone12 mini,Pro Maxも予約開始となり,いよいよ関心も「AppleSilicon Mac」へと本格的に移り始めることでしょう。 

 「歴史的転換」という意味では,2020年の主役ともいえる「AppleSilicon Mac」。

 当然気になるのは,
〇どれくらいのパワーを持っているの?
〇これまでのIntel Macでできたことが,どの程度できるの?
ということです。

 「省電力性」「価格」の面でも期待できそうですが,まずもって上の2点をクリアしないとお話になりません。

 そんな中…。
 「A14X」搭載Macのベンチマーク値とみられる数値が明らかになったようです。

f:id:es60:20201106185803j:plain

「シングルスコア」は驚きの数値

 記事によると,

Apple Insiderによると,「A14X Bionic」プロセッサを搭載したMacのものとみられるベンチマークデータがGeekbench 5のデータベースに登録されていることが分かった

とのこと。

 記事内で紹介されている「A14X」のスコアは以下の通り。

〇シングル→1634
〇マルチ→7220

f:id:es60:20201107164854j:plain
 まずもって,「シングル」の数値がすごいことになっています。
 この数値だけを見ると,Mac史上最強のシングル性能となりますね。

 「マルチ」に関しても,16インチProを凌駕してます。

f:id:es60:20201106184305j:plain

 別経由のデータでも同様の結果が出ていますね。

f:id:es60:20201107164932j:plain

 そして肝心なのは,恐らくこの「A14X」が,「AppleSilicon Mac」に搭載される最低レベルのチップであろうということ。
 これまでの情報では,Appleは数種類のApple Siliconを開発しているようで,今回の「A14X」が仮に13インチPro後継機に搭載されるようであれば,今後の16インチPro後継機には,当然これ以上のグレードのチップが搭載されることになるでしょう。

 さらに,iMac27インチ後継機に搭載されるのは「デスクトップ用」のApple Siliconが載るでしょうから,その性能アップぶりには大きな期待を抱かざるを得ません。

f:id:es60:20201102185000j:plain

 

後は「互換性」となんだよな…

 当初の登場が噂されている「13インチPro」「Air」「無印MacBook」等にこの性能のチップが載ることは,非常に希望がもてること。

 しかし,これらの数値は恐らく「ネイティブ」での性能でしょう。
 つまり,Apple純正のアプリ等を動かす場合であり,これまでのIntelMac上で動作していたサードパーティー製のアプリが,同一条件で100%の性能を発揮できるかどうかは分かりません。

 Intel対応アプリをエミュレーションモードで動作させる 「Rosetta 2」上での性能は大きく低下する…という結果が出ているようですので,「AppleSilicon Mac」とこれまでのIntelMacとの差異がどの程度なのか…ということが,非常に大きな問題となりそうです。

 このタイミングでMacBook Proを購入する予定はありませんが,もし購入を狙っていたとしても,今回ばかりはちょっと怖くて「即買い」という気持ちは起きないなあ…。

f:id:es60:20201106185958j:plain

 早く実際のところの情報をみてみたいものです!