カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iMac24インチから見る今後の「AppleSilicon Mac」の選択方法

f:id:es60:20210530101640p:plain

iMac24インチから,今後の「AppleSilicon Mac」を読む

 iMac24インチが発売され,多くのレビューが報告されています。
 概ね非常に好評のようです。

 24インチという手頃なディスプレイサイズ。
 一般的な用途には必要十分なM1の性能。
 全面刷新され,極薄となった筐体デザイン。

f:id:es60:20210530101044j:plain

 しかし,もちろん全てが好意的な意見ではなく,改善していくべき点,今後の「AppleSilicon Mac」に向けての懸念材料等も数多く報告されているのも事実です。

 今回は,今後続々と発表されるであろう「AppleSilicon Mac」に関して,その選択方法などを考えてみたいと思います。あくまでも独断と偏見によるものですが…。

 

チップと冷却ファンの関係性に注目

 まずもって,「AppleSilicon Mac」の性能に関する面から。

 iMac24インチ発売当初は,その性能に関しても「これで十分!」とするレビューが殆どでしたが,次第に辛口の意見も見られるようになってきました。

①メモリはやはり多めに積みたい

 まずもって話題になったのは,搭載メモリ量です。
 以下の構成図を見ると,構成の主な違いはチップのGPUコア数とメモリ量。

f:id:es60:20210530094007j:plain

 当初は「8GBでも十分」という意見が多かったものの,次第に,
「重めの作業をすると,8GBではもたつくことが多い」
「動画の書き出し等でも,メモリ量によって差が出る」
等,具体的な場面での違いが報告されるようになってきました。

 もちろん,Web閲覧,簡単な文書作成等の軽い作業のみを行うのであれば全く問題ないのでしょうが,ある程度の重めの作業を意識していたり,長期間使い続けて行くことを想定するのであれば,やはり16GBの搭載を考えておくべきでしょう。
 ただでさえMacはメモリ喰いです。あればあるだけ使ってしまうので,16GB搭載していてもたやすく消費してしまいます。スワップ等の処理が巧みなため,余程のことが無ければ作業が止まってしまうことはないでしょうが,今後はますます8GBでは苦しくなってくるのではないでしょうか?

②Apple Siliconと冷却ファンの関係性

 iMac24インチでは,上位機種と下位機種では,チップ・外部ポートの構成以外に,内部構造的な違いがあることがわかりました。それは,冷却性能です。
 下位機種には,上位機種2基装着されている冷却ファンが1基しかなく,しかもヒートパイプも搭載されていないのだそうです。

 上の動画では,実際にベンチマークアプリ上でも,下位機種が10%ほどパフォーマンスダウンしていることに言及されています。

 以前に,MacBookPro14/16インチとiMac27インチ後継機とでは,冷却ファンの性能で結構な性能差が出るのではないか…という記事を紹介しました。

f:id:es60:20210530095254j:plain

 同じチップを搭載していても,冷却ファンとの関係性でパフォーマンスが違ってくる…
 そして,その性能差がMacのラインナップのヒエラルキーに影響を与える…

という考え方が,今後当たり前になるのだとすれば,機種選択は慎重に行わなければならないことになります。

f:id:es60:20210530101253j:plain
 これまでであれば,ラインナップ上のヒエラルキーは,主に搭載チップそのものの性能差によって保たれてきました。もちろん今後の「AppleSilicon Mac」にもチップの上下関係は生じるのでしょうが,同一チップ内でも性能差が生じる可能性があるということは,しっかりと認識しておく必要があるでしょう。

 

Apple純正GPUの行方

 また,今後の「AppleSilicon Mac」を考えてくときに,非常に気になるのがApple純正GPUの動向です。

 MacBookPro14/16インチは「M1X」でいく…という説が有力になっていますが,当然このチップはSoC。つまり,チップ内部にGPUを組み込んだ一体型チップです。
 M1のグラフィック強化版チップという位置づけで,その性能はディスコンになったiMac Pro並…という説もあります。

 「現状」では,iMacレベルであればM1Xで賄えるのでしょうが,今後の展開を考えた時に,内部GPUだけでは物足りなくなってくることも考えられますし,新型Mac Pro等のよりハイパフォーマンスを期待したいモデルに関しては,SoCだけで手に負えるとは考えづらいものがあります。

 先日も新型Mac Proの情報で,Apple純正GPUの話題がありましたが,それよりも性能をダウンさせ,iMacやMacBook Proに搭載されるような純正GPUがあれば,よりバリエーションが広がっていくのではないでしょうか?

 現状,「AppleSilicon Mac」の機種構成は非常にシンプルです。
 これが今後も続くのか,それともMチップや外部GPUの選択肢を増やしていくのか?

 Appleの戦略も気になるところです。