カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone13シリーズの生産は順調?〜iPhone12よりも20%増の勢いで製造中!〜

f:id:es60:20210622191044p:plain

iPhone13シリーズの生産は順調?

 世界的な半導体不足の影響で,MacBookPro14/16インチ等はその発売時期に影響が出ているとする説が有力です。

 しかし,Appleが本丸とする「iPhone」に関しては,例年通りの「9月発売」を目指し,例年より早く部品調達に動き,生産を始めた…という報道がされました。

 iPhoneの発売を遅らせるわけには行かない…という号令の基,「万が一」に備えての「早めの着手」だったと考えられます。

 そんな「iPhone最優先策」の効果もあり,iPhone13シリーズの生産は順調に進んでいるようです。

f:id:es60:20210622190812j:plain


iPhone12より20%多い?

 記事によると,

Wedbush証券の主席アナリストであるダニエル・アイブス氏は,現在のiPhoneの製造台数は1億3,000万台から1億5,000万台の間にあり,iPhone13がそのうち35%から45%を占めていることを根拠に,次期iPhoneであるiPhone13シリーズのデビューは9月の第3週の予定であることを確信している

ということです。

 製造台数に関しては,

iPhone13シリーズの製造状況は好調で,同時期のiPhone12が8,000万台であったのに対し,iPhone13シリーズは9,000万台から1億台の間と,前年同期比で20%増加した台数で推移している

という記述があります。

f:id:es60:20210622190831j:plain
 まあ,昨年はコロナの影響で,iPhoneの開発・生産が遅れるという,未だかつて無い年でした。ですので,そこから「20%増」と言われても,その他の年と比べるとどうなのか…という疑問は残るわけですが,識者が「9月3週発売」を予想していることからも,少なくとも「遅れ」の懸念はなさそうです。

 このチップ不足の環境下にあって,「例年並み」の発売にこぎ着けるのであれば,御の字といったところでしょう。

 

iPhone13の人気はiPhone12を超える?

 記事内には,

現在存在する9億7,500万台のiPhoneのうち,約2億5,000万台が過去3年半の間にアップグレードされていない

ことを根拠に,「Phone13シリーズは消費者からの需要も期待が持てる」としています。

 しかし,これはどうでしょうね。
 ただでさえ,iPhone12シリーズは予想以上の高い人気を獲得しました。しかし,個人的には,せっかくの5Gも存分に使用できる環境が整っていなかったり,5G利用時のバッテリー減りが顕著だったりと,デザインがスクエアエッジデザインになった以外の面ではあまりアピールできていない感も受けます。

f:id:es60:20210622190846j:plain
 そして,iPhone13シリーズは,iPhone12シリーズのマイナーチェンジモデルという位置づけで語られることが多く,12への以降が盛んに行われたことを考えると,12シリーズほどは売れない…という見方もできるのではないかと考えています。

 私はいきますよ,iPhone13 Pro。
 とにかく「スクリーン下Touch ID」だけはお願いします!