カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

YAMAHAネットワークパワードスピーカー「NX-N500」導入!②〜セッティング,利用環境編〜

ワイヤレス&多テバイスと接続できる旨み

 音楽環境一変の可能性を秘めたネットワークスピーカー「YAMAHA NX-N500」。

f:id:es60:20180212193525j:plain

 その旨みは,Wi-Fiによるワイヤレスで音質劣化のない音楽再生と,ネットワークでMacやその他のDAPスマホなどの多デバイスとシームレスに連結できる点です。

 前回は,その導入契機や使用構想などをまとめました。

 今回は,実際の導入の様子や使用環境などについてまとめたいと思います。

 

バランス接続! 物々しいスピーカー背面に驚き

 Amazonで購入したスピーカーが届き,いよいよセッティングという段になって驚くのが,その背面の物々しさです。

 従来のオーディオシステムであれば,とりあえずアンプとスピーカーとを繋ぐ配線があればいいわけですが,「ネットワークパワードスピーカー」というだけあって,そう簡単にはいきません。

 まずWi-Fi接続のためのアンテナ,2台のネットワーク接続を確保するためのLANケーブル,一台ずつアンプを搭載しているため,個々に電源を確保するためのコンセント。
 そして驚いたのが,2台の音源を確保するためのケーブルは「バランス接続」となっており,そのゴツゴツしたアタッチメントとケーブルの太さには,正直,
「ここまでやるか!」
と驚きました。YAMAHAオーディオメーカーとしての意地を感じさせる部分です。

 カタログ等に掲載されている背面写真がこちら。

f:id:es60:20180217153951j:plain

 写真の右側が,正面から見ると「L側」のスピーカーとなっており,こちらにゲインやケーブルの受け口,コントロールスイッチが並んでいます。

 右側中央やや下側にある「三つ穴」の丸端子が,バランス接続用,その上の黄色の部分が両スピーカーを接続するLANケーブル用のソケットとなっています。

 それぞれのスピーカー同士を2本のケーブルで接続するという不思議。

 また,L側のその上部には,光出力用の端子(大型モニター等との接続時に使用),その上がUSB-B用端子があります。その上が有線ネットワーク接続時用の端子となり,Wi-Fi接続時には必要ありません。

 Mac,PC等からの音声は,この「USB-B」端子でケーブル接続することになります。「Macからの音声もワイヤレスで出力できればよりすっきりするのに…」
とは感じますが,一旦接続してしまえば不自由はありませんので,まあ許せる範囲です。

 ちなみに,実際にケーブルを接続させた様子がこちら。

f:id:es60:20180217154921j:plain

 電源も含めると,4本のケーブルが横断することになり,大変なことになっています。まあ,スピーカーの陰に隠れてあまり見えることはないのですが…。バランスケーブルの太さ,長さがすごいことに…

 

「NET」「USB」の切替が快感!

 さて,実際の使用感を…。

DAPスマホでの利用が自由自在

 まずはWi-Fiを利用してNX-N500とDAPスマホを接続するケースです。
 ヤマハからiPhone専用のアプリが出ておりまして,iPhoneと即座に接続できるようになっていますし,音量操作,簡単な音質調整等が自由自在に行えます。非常に使い勝手がいいです。

f:id:es60:20180217155617j:plainf:id:es60:20180217155652j:plain

 私は利用しませんが,Spotify等の有料音楽ストリーミングもこのアプリから切り替えできるようです。

 また,Wi-Fi接続ができる環境にあるその他の音楽再生専用DAPとも接続できます。
 私はIRIVERの「AK120Ⅱ」を使用していますが,「AKCONNECT」という機能で接続することができました。iPhoneと比べて接続自体はもたつきますが,一旦接続すれば問題はありません。

 しかし,早送りができなかったり,連続再生に制限があったりと,操作には若干の慣れと割り切るが必要な面もあります。

 iPhoneとAK120Ⅱの選択に関しては,その音質が大きく関わってきますので,この点にいて次回お知らせします。

 

Macでの音源再生

 MacYouTube等の動画サイトを見る際,USB-B接続でスピーカー再生が可能となります。スピーカーに内蔵されているUSBDACがMac経由での音源再生を可能にしているようです。
 また,AmazonPrimeミュージック等のストリーミング再生ももちろん可能。AmazonPrimeミュージックをBGMに仕事を…などということも快適に行えます。

 また,Blu-rayDiscの再生を高音質で…という際にも,LG UltraFine 5K Displayとの組み合わせで至福の時間を味わえます。

f:id:es60:20180217161600j:plain

 

③「パワード」スピーカーのメリット

 こNX-N500,「パワード」スピーカーと銘打っており,文字通り,アンプを内蔵しています。

 ということは…

 そう,Mac等の電源がOFFでも,スピーカーの電源だけをONにして音楽を楽しめるということです。

 これが実に快適。
 音楽の世界にどっぷりと浸ることができます。

 

簡単に「高音質」を楽しめる!

 いかがでしたでしょうか。

 実に簡単,気軽に,かなりの高音質を楽しむことができます。
 ちなみに,スピーカー裏側にも各種操作ができますが,付属しているリモコンでの操作が便利。

f:id:es60:20180217162240j:plain

 個人的に多用しそうなのは「NET」と「USB」。
 「NET」Wi-Fi接続時,「USB」はMacとの接続用ですね。このボタンを押すことで瞬時にモードが切り替わりますし,その様子がL側スピーカーのツィーター下にあるインジケーターの色で判別できます。

 

 ちなみに,机に直置き時のツィーター,ウーファーの高さが気になり,ホームセンターに直行し,レンガを購入。高さ調整を行いました。
 その後の画像がこちら。

f:id:es60:20180217163051j:plain

 

 実際の音質に関しては,次回お知らせいたします。