カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

GalaxyS10は「ディスプレイ埋込式指紋認証センサー」搭載〜「ノッチ勢」との全面対決始まるか?〜

キタ〜,GalaxyS10はノッチなし!

 iPhoneXで初めて搭載された「ノッチ」。

 それまでの指紋認証システム「TouchID」から「顔認証」へと,ロック解除システムを全面変更するためには,顔認証をするためのカメラを埋め込まなくてはなりませんでした。

 そのためにどうしても必要だったのが「画面上の切り欠き」。
 この部分に顔認証用のカメラやセンサーを配置したわけです。

f:id:es60:20181020131230j:plain

 

 そしてこの手法はあっと言う間にAndroid勢も踏襲することになり,世のハイエンドスマホにおいては「ノッチ全盛」ともいえる状況となっています。

 しかし,その裏で常に噂されていたのが,「TouchID内蔵ディスプレイ」の存在。これまでのTouchIDセンサーを,ディスプレイに埋め込むことで,全画面化を図ろうというものです。

 技術的に相当難しい手法のようで,アップルはiPhoneXの開発の段階で諦めたとかそうでないとか…という噂も流れました。
 表向きには,Appleは最初からFace IDしか考えていなかったということになっているようですが…。

 中華スマホの中にはすでに発表されている機種もあるようですが,ついになSamsungがこの「ディスプレイ埋込式指紋認証センサー」を搭載したフラッグシップ機「GalaxyS10」を来年発売するようです。

f:id:es60:20181020132348j:plain

 

画面下層に埋め込む技術に感服!

 このGalaxys10への「ディスプレイ埋込式指紋認証センサー」搭載に関しては,夏頃にも話題に上っていました。 

 予定どおりというべきか,ついに来たというべきか…。  

 いつものBen Geskin氏も,画像をアップしています。

f:id:es60:20181020132523j:plain

 どうやら,画面上部にカメラを,画面下部に指紋認証センサーを埋め込む形になっているようですね。

 有機ELディスプレイの下層にこれらの二つの機能を「埋め込む」という技術。素人目にも相当難しい点が多いことは容易に想像が付きます。
 これらをこなしてしまうあたり,やはりSamsungの先進技術は並大抵ではありません。素直に感服です。

 

 それにしても気がかりなのは,下層からの「カメラ性能」と「指紋認証精度」です。
 どのようにして「ディスプレイ」という障壁を乗り越えた上での性能・精度を担保したのでしょうかね?

「埋め込みはしたけれど,カメラの性能,指紋認証の制度が芳しくない」
ということであれば,それは最悪の選択となってしまうわけですので,実際のレビューが待たれるところですね。
「指紋認証システムの部分が普段から透けて見えてしまう」
「どの部分を触るかで,指紋認証しにくくなることがある」
ということは,中華スマホのレビューで報告されているようです。Samsungはこれらの欠点を抑え込むことができたのでしょうか?

 

「顔認証」「指紋認証」結局どっち?

 さて,Appleに関していえば,以前に複数のカメラを埋めこんで,ディスプレイ全体をセンサーにできるようなシステムを開発していることを記事にしました。
 GalaxyS10に関しては,画像を見ても下側1カ所にしかセンサーがないようですので,このAppleのシステムが実際に搭載されるようであれば,大きな話題になることでしょう。 

 まあこの時点では「2019iPhoneに搭載」というものだったわけですが,恐らくそれはないでしょう。2019年モデルに関しては,驚くほどの改訂はないであろう,ということで先日記事にさせていただきました。

 

 問題は,その先ですね。


 AppleがいずれはFace IDを捨てて「指紋認証」を再び取り入れる可能性はあるのか?

 そして,そもそも「顔認証」と「指紋認証システム」とでは,どちらが安全なのか?

 また,どちらがユーザービリティーに優れているのか?

 スマホの「争点」が,現在の「カメラ」から再度「認証システム」に移ることがあるのまでしょうか?