カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

もはや迷走状態…Appleが「iPhoneXの生産再開?」〜iPhoneXS系のOLEDの処理に困って?〜

迷走? 末期症状?

 もう笑えません。

 Appleのこと,本当に心配です。

 迷走を通り越して,末期症状とも言えるのではないでしょうか?

 

 Appleが,「廃版」としたはずの「iPhoneX」の生産を命じたとの情報が来ています。

f:id:es60:20181123191804j:plain

 

自転車操業的な方向転換から何が生まれるのか?

 事の発端は,もちろん新型iPhoneの売れ行き不振です。 

 

 これまでは,iPhoneXS系,iPhoneXRの不振をカバーするために,
「iPhone8,iPhone8Plusの増産を指示」
という情報がで待っていました。

 まあ,緊急避難的な措置として,つじつまが合います。iPhone8系は,現役機種ですので。

f:id:es60:20181123190229j:plain

 

  最新機種を減産し,旧機種に頼るという,なんとも情けない状態ではありますが,とりあえず販売の在り方としては破綻してはいないわけですね。

 

 しかし,「iPhoneX」の生産はいけません。

 一旦「廃版」とした機種なのですから…。

 

 これまでこんなことがあったでしょうか?
 一旦「廃版」にしたものを「販売不振の理由のもと」再販したことが…。

 当然無かったはず。
 これ,企業としては相当に恥ずかしいことでしょう。
 自分たちのもくろみ,計画性の破綻を,自分たち自身が認めてしまったということなのですから…。

 

 しかも,その理由がまたまたいけません…。

 

SamsungとのOLED契約を捌くため?

 iPhoneX再販の理由が,
「SamsungとのOLED契約を捌くため」
ということなのです。

 

 つまり,iPhoneXS系を生産・販売するためにSamsungと結んでいたOLED(有機ELディスプレイ)の契約が,販売不振のために,「OLEDのだぶつき」という事象として引き起こしてしまったということです。

 これが液晶であれば,iPhoneXRの分をiPhone8・7シリーズに充当するという戦略もあるわけですが,OLEDではそうはいきません。

f:id:es60:20181123192145j:plain

 

 なんとも情けないことに,Appleは一旦廃版としたiPhoneXを,
「だぶついたOLEDを捌くため」
に再販することにしたようなのです。

 もはや恥も外聞も無い状態。
 恐らく,天下のAppleがそうしなければならないくらい,大変なことになっているのではないでしょうか?

 

 しかし,ユーザー側から考えると,iPhoneXRの値下げ騒動と同様,この施策が「Appleのブランドイメージを粉々にしてしまうのではないかという,大きな不安を感じます。

 これまでに感じたことのないほどの大きな不安として…。

 

 高額でも,信頼性があるからこそ,我々はiPhoneを購入するのです。

 値引きはしない。

 1年間は最新機種として確実に楽しめる。

 販売するモデルに明確な意図がある。

 

 それが今,崩壊しようとしているのかもしれません。
 これから数ヶ月の,そして,来年以降のAppleの動向が心から気になります…。