カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Appleが四半期業績発表→そして今後は販売台数公表せず〜高価格路線への目隠しだ! それはまずいんじゃない?〜

Appleが四半期業績発表(7月〜9月)

 Appleが7月〜9月の四半期業績を発表しました。

f:id:es60:20181103144033p:plain

f:id:es60:20181103144037p:plain

 総じて売上は好調のようです。前年同期比で20%の増。これだけ見れば何の不満もないように思えるのですが…。

 しかし,その内容を見ていくと,やはりいつもの心配事に行き当たります。

 

「販売台数」と「売上高」の関係性

 その「心配事」とは,販売台数と売上高との関係性です。

 iPhoneでは,「販売台数が横ばいなのに売上が29%増」
 アップルの売上の多くを支えるiPhoneの販売状況が,昨今のAppleの方針を如実に表していますね。
 それは,
「デバイスの高価格化」
です。

 

 昨年のiPhoneX発表時,誰しもがその高価格に驚きました。
 しかし,「iPhone10周年」を考慮した「プレミアモデル」としての位置付けや,初めて有機ELディスプレイを搭載したモデルであったことなどを鑑み,「許容された」と私は考えています。

 また,iPhone8も堅調な動きをしたこともあって,ようやく「販売台数」は現状維持。高価格化されたiPhoneXの売上が加算されて,「売上高29%増」という高収益に繋がったのでしょう。

f:id:es60:20180914194737j:plain

 

 問題は次の四半期業績ですね。

 iPhoneXSが発表されたとき,誰しもが「価格下げ」を予想している中での「現状維持」に,驚きの声が上がったということは有名な話です。
「果たしてこれで売れるのか?」
という疑問は,誰しもが感じていることでしょう。

 また,「廉価版」として期待されたiPhoneXRは,思ったより「廉価」ではありませんでした。いえ値付けを考えれば十分高級機です。

 さあ,この戦略が吉と出るか,凶と出るか…ですよね。

 

 さらに!
 Appleは,今後各デバイスの販売台数の公表を行わないことを発表しました。
 記事内では,Apple側が,
「販売台数の重要性が薄れている。」
と述べていると紹介されています。
 私,これは,Appleが,
「高価格化によって販売台数が減っているのに,売上の帳尻が合っている」
という現実を覆い隠すための詭弁だと考えています。

 

販売台数は「減少」すると予想します!

 次の四半期業績では,
「iPhoneの販売台数が減少する」
と個人的に予想します。

 今年のiPhoneXSの予約販売の不振ぶり,そして期待以上動きの悪かったiPhoneXR。
 話を聞いたショップの店員さんも,あまりに売れなくて頭を抱えていたようでした。

 そして,「最後の一撃」という感じで,その売れ行き不振ぶりが明らかになったことを,先日お知らせしました。 

f:id:es60:20181104105228j:plain

 だとすれば,当然「販売台数」に関しては,前年同期比で減少になることでしょう。
(投げ売り状態のiPhone8が,台数に寄与することがあるかもしれませんが…)

 

 問題は「売上高」とそれに対するAppleの見解です。

 果たして,販売台数が減りながらも,売上高をキープできるのか?
 今回のデータを見ると,販売台数が同じでも,売上が3割アップしているということは,余程のことが無い限り,売上高が目減りすることがないように感じます。

 しかし,これがもし「減少」ということになれば,一気にAppleの立場が悪くなりますね。Appleの「高級化路線」が否定されたということですので…。

 

 また,仮に売上高が好調をキープしたとしても,それをAppleが当然のこととして捉えてしまっては,中期的視野で見ると,この先厳しくなるのではないかと考えます。

 やはり,現状のiPhoneの価格は高すぎますよ。
 これを当たり前として今後進んでいくようであれば,
「iPhoneは魅力的だが,もう付き合えない。」
「もうiPhoneの最新機種はありえない。旧機種で十分。」
「新機種は無理。このまま現在の機種を使い続ける。」
といった,Appleにとっては好ましくない考えに及ぶユーザーが増加していくように思えます。

 

 それでもあえて高級化の道を行くのか?
 Appleの「対中華勢」の対策が,この「高級化路線」なのか?

 果たしてそれは間違っていないのか?

 次回の四半期業績発表が待たれます。