カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

えっ? Macまで売れていない…Appleに襲いかかる負の連鎖は,どこまで続くのか?〜まあ,身から出た錆ですが…〜

ちょっと意外…,Macまで売れていない!

 2018年のMacBookProは,CPUがQuadCore化し,歴代のマイナーチェンジの中でも最大級に性能がアップしたものとなりました。

 特に13インチモデルではその傾向が大きく,しかも価格が据え置きだったため,MacBook Pro(Late2016)を所有している私としては,「なんとうらやましい…」という状況になっておりました。

f:id:es60:20181123141245j:plain

 

 しかし,なんと…。

 Macが売れていません。
 これはなかなか意外な結果です。

 

思いがけない大幅減

 まずは2018第3四半期の,ノートPCのシェアを見てみましょう。

f:id:es60:20181123141446j:plain

 

 なんと…。
 Macが「24.3%減」という信じがたい現象を示しているのです。

 全体のシェアも「10.4%→7.9%」と,なかなか信じられない大幅減です…。

 トップのHPやLenovoがほぼ横ばい,DELLに至っては大幅増の中,「一人負け」といった感を受けますね。

 原因は何でしょう?
 記事内では「価格」のことを中心に語っていますが,そうはいってもこれだけ性能がアップしての「価格据え置き」ですので,
「少々割高でもMacを使いたい」
という層が離れたということではないと考えます。

 

 やはり,「廉価版MacBook」への期待を込めた「待ち」が,その主たる要因であったはずです。

 …だからこそ,今後が心配なのです。

 

それほど「廉価」ではなく,性能は低い…

 何が心配かというと…。

 

 まずはiPhoneXR同様,「廉価」という点に大いに期待していた層が,一気にMacから離れてしまう可能性が高いことです。
 iPhoneでも発生する事案です。Macだったら,より「容易に」起こってしまうことにように考えます。

 一時期は,「10万円」というラインを基にした噂が流れていました。しかし,登場した新型MacBookAirは,「税込145,000円」から…。
 もはや全く「廉価」ではありません。

f:id:es60:20181123143917j:plain

 

 これ,もはや「DÉJÀ VU」ともいうべき,Apple失敗への足跡。
 iPhoneXSにしても,iPhoneXRしても…。
 そして三度,今度はMacでも。

 

 更に致命的だったのは,新型MacBookAirの性能です。
 多少お高くても,
「こんなに薄型・軽量になって,従来のMacBookよりも飛躍的に性能が向上…」
となればよかったのですが…。

 

 性能面では,正に今の時点で「ベース」でしかなく,今後何年も使うことを考えると,すぐに陳腐化してしまうのは明らかです。

 私だったら,AirよりBar無しMacBookProを購入しますし,どうせだったら新しくなったBarありMacBookProを購入するも悪くありません。

 

 そしてここが一番重要。 

 今回の第3四半期分は,あくまでも「MacBookAir待ち」の状態が作った現象。

 第4四半期以降は,そのMacBookAirが市場に出て,どのように評価されたのかが如実に表れる統計となるはずです。

f:id:es60:20181123143930j:plain

 

 これ,もっと落ち込む心配さえあるんじゃないでしょうか?

 「Air待ち」の方々が,
「これじゃダメ。Proにしよう!」
と,すんなり別機種を購入してくれればいいですが,
「Airじゃダメ。Appleダメだ。他のWindowsメーカーにしよう。」
となる可能性も十分にあると思えるのです。

 

 またしても,「値付け」に関する部分における「ユーザーとのズレ」から窮地追い込まれてしまうのか?
 もはや「身から出た錆」としか言えないと思うのですが…。皆さんはどのようにお考えでしょう?