カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「トリプルレンズ」はiPhoneXSMaxの後継機だけ?〜またまた迷走する2019iPhoneの噂…それじゃあ間に合わないのでは?〜

おやっ,XSとMaxの後継モデルで差別化? 思ってもみなかった展開

 ちょっとというか,かなり意外な展開です。
 2019iPhoneのモデル展開に関して,驚きの情報が届いています。

 以前,「2019iPhoneはトリプルレンズ搭載」という記事を書きました。 

 

 そのデザインが驚愕過ぎて,個人的には,
「このデザインで市販はないんじゃないかな?」
と考えたりもするのですが,いずれにせよ「カメラ」部の性能アップはもはや必須の条件。特に「マクロ」「ポートレート」に関しては,iPhoneの弱みとも言える部分ですので,改善が求められます。
 そのための「トリプルレンズ」だと考えていたのですが…。

f:id:es60:20190107182351j:plain

 

 なんと,「トリプル」が与えられるのは「Maxの後継機のみ」で,XS・XRの後継機は「ダブル」のままなのではないかということです。
 えっ,それで間に合いますか? 他との生存競争…。

 

XSの優位性が削がれるのは問題だ!

 この記事で紹介されている画像がこちら。

f:id:es60:20190112094854j:plain

 

 確かにトリプルレンズは1機種だけの搭載。XR後継と思われる右側の筐体のレンズがダブル化しています。

 これを見ると,恐らく殆どの人がこう考えるでしょう。
「XSとXRとの違いはどこ?」
と…。
 この情報が正しいとすれば,恐らく,
☆有機ELディスプレイ・・・LiquidRetina
☆3DTouchID・・・Haptic Touch
☆ステンレススチール製フレーム・・・アルミニウム製フレーム
だけの違いになるのでは?

 いやあ,どうでしょう?
 確かにディスプレイの差は絶対的ですが,これに「ポートレートモード」という差別があったからこその「フラッグシップ」であるわけで,カメラ部の条件を下のモデルと揃えるというのはいかがなものでしょうか?

 2018iPhoneのラインナップで考えると,その魅力度を考えたときに「XS>XR」だと私は考えます。これでXRの価格がもっと低ければ逆転もあり得るでしょうが,現状ではその溝は埋められません。

 しかし,2019のラインナップを考えると,今度は「XS<XR」になってしまいませんか?
 恐ろしいのは,「主流」であるべき5.8インチXSの存在意義が大きく薄れてしまうということです。
 この並びであれば,
「大画面,カメラ機能にこだわる層はMax」
「ディスプレイにそれほどのこだわりがない層はXR」
という図式になることは明白です。
 自分自身も,もし2018がこのラインナップだとすれば,恐らくXSいう選択はしなかったでしょう。
 絶対に,
・XSもトリプルレンズ搭載
・XRは価格を下げること
に注力すべきです。
 だって,このままで行くとXRの価格,下がりませんよね。レンズの面でグレードアップしてしまうわけですので…。Appleは現状から何を学んだのでしょうか?

 このままで行くと,本年度以上の惨劇がAppleを襲うように思えてなりません…。

 

 

他の要素でXSの魅力を補填できるのか?

 まあさすがに,何かしらの付加価値が2019iPhoneXSには装備されることになるのでしょうか,果たしてそれが何になるかです。
 ノッチの小型化は確定として,私はこれまで「トリプルレンズ」が切り札だと考えてきました。その「トリプルレンズ」が装備されないとなると,一体何が残されているのでしょうか?

 話題となっている「TouchID内蔵ディスプレー」?
 私は一気にそこまで進化するのは難しいと考えます。

 だとすれば,同じく二眼化するXRとの差別化を図る?
 例えばXRは2018iPhoneXSと同等のレンズ・カメラ性能,2019iPhoneXSには,より進化してポートレートモードの近接撮影ができるようにするとか?

 恐らく「3眼」の「プラス1」のレンズは「マクロ用」だと予想しますので,この考えだとXSとXRの差別化がとてつもなく微妙なものとなってきます。

f:id:es60:20190112124315j:plain

 

 もはや,考えれば考えるだけ迷宮です…。
 Apple自身は,しっかりとした解答を導き出しているのでしょうか?
 私は,結構「NO」の可能性も大きいのでは…と考えます。だって,2018iPhoneのここまでの不調は予想せずに,2019iPhoneの構想を練っていたはずですので…。
 これから「新しい技術投入を…」と考えても,時すでに遅しなのでは?

 これで新型の値付けを間違えたら…。
 恐ろしい未来が待ってるような気がして,恐怖さえ感じるのは私だけでしょうか?