カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「MOMENTUM True Wireless」レビュー⑧〜結局iPhoneXSとの組み合わせがが一番しっくりくる〜

すっかり音質が安定しました!

 発売直後に購入し,様々な試行錯誤を重ね,自分好みの音に育ててきた「MOMENTUM True Wireless」。音質も,ほぼ変化の無いところまで落ち着いてきました。
 ここまでの詳しい経緯は,過去記事をご覧ください。 

f:id:es60:20190114145710j:plain

 

 要は,
・エージングが必須であること
・イヤピースの選択が決定的に音質を左右すること
・耳への挿入の仕方によってかなり音質が変化すること
を考慮していく必要があるということです。

 また,全体的な傾向としては,
・IE800と同じドライバーをを採用しているということで,エージング後は似通った音質傾向である。
・中音域がやや引っ込み気味なフラット
・低→中→高の繋がりは正にIE800譲りのなめらかさ
・エージング後は低音も結構出るが,IE800ほどの艶めかしさは無い
・超高音行きの伸びは厳しい(IE800と比べると)
・中音域(ボーカル帯)の解像度は,ワイヤレスとは思えないほど高い
というところ。

 もちろん本家IE800と比較すると,低・高音域に若干の不満はありますが,完全ワイヤレスでこの音は,そもそも反則レベルと言えるものです。
 特にダイナミックドライバーならではの自然な音のつながりボーカル帯の艶めかしさは,BAでは表現できないところまで感じさせてくれるほどの仕上がり。

 音楽をじっくりと聴くのにも耐えうる一級のイヤホンです。
 あっ,でも,イヤピースや装着方法によって,本当に音が変わります。是非とも妥協せずに,自分に合った方法で「外堀」を埋めてから評価してください。

 さて,この「MOMENTUM True Wireless」。
 実はこれまでのワイヤレスイヤホンとは異なる現象が起こっていました。
 それは,プレイヤー側,特にiPhoneの位置づけです。

 

「iPhoneXS>AK120Ⅱ」となるその理由は?

 これまで私は,AirPods,BeatsXという2種類のワイヤレスイヤホンを使用してきました。また,プレイヤーとしては,iPhoneとiRIVERのAK120Ⅱを併用しています。

 これまでも記事にしてきましたが,これまでは,iPhoneとの接続で聴くともっさりとしていて解像度が足りない音だったものが,AK120Ⅱで聴くとキレキレの音になり,音質的には「iPhone<AK120Ⅱ」という捉えでいたのです。

 しかし,今回の「MOMENTUM True Wireless」では,この印象が逆転しています
 どういうことかというと,
・AK120Ⅱでは低音が非常に弱い
・そもそも音量レベルが取りづらい
ということ。

 また,iPhoneXSの面からいうと,
・「MOMENTUM True Wireless」の弱点である低音が豊かに再生される
・中音域の引っ込みがAK120Ⅱよりも改善される。
・中,高音部の解像度も高いまま
・音量レベルが十分に高い
となります。

f:id:es60:20190114145822j:plain

 

 つまり,MOMENTUM True Wireless」の弱点を,iPhoneXSが上手補ってくれるような鳴り方になるわけです。
 また,AirPodsやBeatsXでは,元々の解像度が足りず,iPhoneXSでは「解像度不足」と感じていたのですが,「MOMENTUM True Wireless」は元々解像度が高すぎるくらいの音ですので,iPhoneXSで程よく中和された感じとなります。

 「高解像度好き」の私が「iPhoneXSでも十分解像度が高い音」と感じるのですから,一般の方だったら十分満足のいく音として聴いていただけるはずです。
「どんだけ解像度高いんだよ,MOMENTUM True Wireless!」
という話です!

 

総合的に考えると,とんでもなく完成度が高い

 どんなに高級なイヤホンを購入しても,結構その音には不満が残るものです。どんなに高くて,完璧な音などありません(キッパリ!)。

「高音はいいけど,低音がスカスカ」
「低音が強すぎてボーカルが生きていない」
「中域が近すぎて,低・高が聴きづらい」
等々…。

 しかし,「MOMENTUM True Wireless」は,総合的に考えると,非常に満足度が高いです。
 もちろん,低・中・高音,それぞれに若干の弱点はありますが,どれも致命的なものではありません。
 むしろそれらを凌駕する「音のつながり」「解像度」という強烈な武器があります。

 私が聴いてきたとんでもない数のイヤホンの中でも,トータルで考えると5指には入ってくる音質です。

 

 「アンバランスな音質のイヤホンは,結局長くは聴かない…」
というのが,私がイヤホン沼に陥って獲得した結論です。
 例えばAirPodsは,解像度は足りませんが,聴き疲れは全くしませんし,音のバランスは最高です。だからそ,運動時には結局AirPodsを手にしてしまいます。
 きっと,
「今日はじっくりと音を聞いてみたいな」
と考える際には,この「MOMENTUM True Wireless」を手にすることが,今後多くなってくるでしょう。

 長く付き合っていけそう…。そんなイヤホンに出会えて,今は非常に満足しています。

 この感覚を,是非皆さんにも味わっていただけたらと思います。