カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AVIOTのハイブリッド3ドライバー機「TE-BD21f」が名機になりそうな予感…①

「CES 2019」の掘り出し物

 1/11までラスベガスで開催された「CES 2019」。
 イヤホン業界では,所謂「完全ワイヤレスイヤホン」の大発表会となったようですが,その中で,
「恐らくこれが本命」
という機種を発見しました。

 それは,AVIOTの「TE-BD21f」。

f:id:es60:20190119115655j:plain

AVIOT TE-BD21f

 何故「本命」と感じるのか?
 その理由を書かせていただきます。

 

「TE-D01b」で「MOMENTUM True Wireless」と肩を並べるのならば…

 現在私は,ゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless」を購入して様々な試行錯誤を重ねる中で,満足のいく音を楽しめるような環境を築いています。
 この機種,
「さすがゼンハイザー」
とうなる部分も多く,今のところ「完全ワイヤレス機」の中では,音質的に最高峰だと考えているところです。 

 

 しかし,購入に当たって非常に気になったのが,AVIOTの「TE-D01b」という機種。
「MOMENTUM True Wirelessを超える」
という意見も散見されるほど,特にその音質面で評価が高かった機種です。

 この「MOMENTUM True Wireless以上の音質」という点について,「MOMENTUM True Wireless」を実際に使用して考えたのは,以下の点です(「TE-D01b」を聴いたわけではありませんが)。

・高音部に弱点を抱えるMOMENTUMに対して,「TE-D01b」がこの部分に特化した機種であった。(高音好きに適した機種であった)
・MOMENTUMの試聴機が十分にエージングされていなかった。
・MOMENTUMの試聴機のイヤピースが十分にフィットしていなかった。

 つまり,私はそれだけ「MOMENTUM True Wireless」を評価しているということ。
 様々な音質に関する要素のバランスが,結構絶妙に整っているのです。

f:id:es60:20190114145710j:plain


「これ以上解像度が高すぎると聴き疲れしすぎ」
「これ以上高音ががさつくと聴いていられない」
「これ以上低音が弱いと重みが足りなさすぎ」
「これ以上中音が引っ込みすぎるとボーカルが聴き取りづらい」等々。

 以前の記事にも書きましたが,どんな高級機種でも,それぞれに欠点を抱えているのが,イヤホンの世界の難しいところ。
 もちろん「MOMENTUM True Wireless」にも弱点があり,上記の「これ以上〜」という点はその気になる点に当たります。

 しかし,それらが「絶対的な欠点にならず」,「トータルとして」高次元に調和しているのが,「MOMENTUM True Wireless」の魅力ともいえましょう。

 

 しかし,もし本当にAVIOTの「TE-D01b」が「MOMENTUM True Wireless」と肩を並べるだけの音質の持ち主であったなら,その兄貴分となる「TE-BD21f」の実力や如何に…と,非常に気になっているわけです。 

 

「BA×2,ダイナミック1」のハイブリッド機!

 この「TE-BD21f」。

f:id:es60:20190119123005j:plain


 なんと,「BA2基,ダイナミットドライバー1基」の,3発ハイブリッド!

 そして価格が,「MOMENTUM True Wireless」とバッチリ競合してくる400ドル前後

 私がここから感じ取る「名機の予感」に関して,次回書かせていただきます。