カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iMac2019購入記④〜iMac2019の実力を踏まえた今後のMacとの付き合い方〜

「母艦」は落ち着いた,問題はMacBookだ

 前回までは,新規購入したiMac2019の実力についてお届けしてきました。

f:id:es60:20190329201634j:plain 

 結論から言えば,私にとっては必要十分。
 しかも,2017年モデルで感じていた不満も一掃してくれたということで,今のところ言うこと無しの状況です。
 しかも,今回は新型を購入したということで,少なくともあと2年弱は「新規購入」について考えなくてもいいわけです,iMacに関しては。

 そうなると,これからの問題は「MacBook Pro(Late2016)」の買い換え問題となります。
 今年の11月で丸3年を迎える私のMacBookPro。
 気分一新のためにも,気持ちが買い換えへと傾いているところです。

 母艦となるiMacは完璧ですので,さあどうする? 何を選択する?

 

Airで済ますか? 振り切れて15インチに挑むか?

 以前のiMac新規購入の記事中にも書きましたが,私の中で,
「今できる贅沢を,今できる範囲の中で…」
という思いが膨らんでいます。 

 最近は趣味につぎ込む殆どをApple製品に投入するようになり,
「だったら,思い切って15インチに挑もうか?」
という果てしない欲望まで芽生える始末。

 さてどうしよう…?
 という中,まずもって今年噂されているMacBookProの大改訂が1つの判断基準となるでしょう。

 つまり,
「15インチがベゼルレス化されて16インチサイズになるのでは?」
という例のあれです。 

 恐らく筐体のサイズは変わらない,あるいは縮小化されてのことでしょうから,もしこの改訂が実現する際には,「MacBookProの大改訂」となるはず。
 僅か3年で…という懸念はありますが,もし早めのビッグチェンジが来るのであれば,これは一大契機となりますね。

  個人的に考えているのは以下の3つの選択肢です。
 大前提として,軽い作業においてもiMacと比較してあまりにも挙動に差があるようだと困るということ。というわけで…。

①MacBookAir

f:id:es60:20190330182359j:plain

 CPUが非力なので,メモリとストレージを増強。それぞれ16GB,512GBSSDにするとおよそ20万円也(税抜・以下同様)。

②MacBookPro13インチ

 CPUがかなり強力になる。メモリはデフォルト8GBのままとしても,さすがに256SSDでは苦しいか?
 256GBだと約20万。512GBに上げると約22万。

f:id:es60:20190330182416j:plain

③MacBookPro15インチ

 どうせ一度しかない人生。やってみる?
 「吊し・松モデル」そのままで約30万。

 さて,どうする自分?

 

現実的には…

 現実的には,というか,実用上で考えると「②」あたりかなと考えます。

 まず,モバイル用途であれば13インチで画面の狭さを感じることがないこと。

 また,別積みのグラフィックスを要求されるような使い方は,ほぼ考えられないということ。
 どういうことかというと,MacBook Pro(Late2016)を購入しようとしたときには,クラムシェルモードでLG UltraFine 5K Displayを繋いで使っていたため,大画面時に非力さを感じることもありましたが,MacBook Pro(Late2016)単体で使用する分には,それほどの性能は必要としないからです。

 デスクトップ的な活用はiMacが担いますので,今回は完全に「単体仕様」だけイメージしての購入です。
 同様の理由でメモリも8GBで十分かと…。
 しかしストレージだけは絶対的な「物理量」ですので,今となっては256GBでは心許ないでしょう。

 現在と同様の「MacBook Pro13インチ」という選択?
 買い換えるのだったら,やはりデザイン的にも何かしらの変更があったら,より楽しめそうなのですが…。

 と,今のところは考えておりますが,わかりません。
 明日になれば
「やっぱり15インチ…」
と思っているかもしれません…。