カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「5G通信」のエグさと距離感…〜iPhoneユーザーも一安心? 恩恵を受けるのは相当先かな?〜

「5G通信」始まるも… 

 米中間の関税合戦が,連日報じられています。
 そして,両国の威信を賭けた争いの矢面に立たされているのが「5G」ですね。
 新世代通信網である「5G」においては,HUAWEI が相当有利な戦いを進めていたようですが,ここに来てアメリカが「国を挙げて」阻止にかかっているようで…。

 民間の事業に国が口を挟み,ましてやライバル国の不利になるような戦略をとるなんて,まるで社会主義国のようなやりとりで,大きな違和感しか感じません。別に中国の肩をもつわけではありませんが,いくら何でもアメリカのやり方はおかしくありませんか?

 トランプの「アメリカ第一主義」は,単なるわがままのようにさえ感じます。日本が巻き込まれないことをただただ望むばかりです…。 

 さて,その「5G」。
 Samsungの最新機種「Galaxy S10」がすでに対応していますね。
 対するiPhoneは,Qualcommとの争い,Intelのモデム開発遅れもあり,5G対応iPhoneは2020年までおあずけのようです。
 そんな中,「5G通信の実態」についての記事が来ています。
 なぜかiPhoneユーザーがほっとする内容になっていると感じるのは私だけでしょうか?

f:id:es60:20190518103218j:plain

 

まだまだ「地域限定」の5Gサービス

 「5G」の実際を紹介する前に確認しておく必要があるのが,この「5G」,現在はアメリカの「シカゴ」「ミネアポリス」でしか利用できないということです。また,「ダウンロード」のみの対応で,アップロードは4Gを利用する必要があるのだとか…。
 「始まったばかり…」というか,実験的利用の,しかも初期段階…というイメージしかないのですが…。

 気を取り直して…。では,実際の利用状況はというと…。
 なんと,「1Gbps」を突破したという情報がアップされているようです。

 その他にも,
「モバイルアプリPUBGが26秒でダウンロードできた」
「Amazon Primeでドラマ「Sneaky Pete」の全シーズン(19/5/17現在で計30話)が93秒でダウンロードできた」
という報告が寄せられているようです。

 モバイルアプリPUBGの容量は1.86GBなので,平均して約71.5MB/sの速度が出ていた模様。これを4Gで行ったところ「2分1秒」の時間を要したということです。
 「混み合っていないこと」「通信網が完全ではないこと」等を含めて考えると,どのように評価すればいいのでしょうね?
 理論的な目標値を「20Gbps」に置いている…ということを考えると完全に肩すかしなのですが,現状の4Gよりはダントツで速いことは事実です。今後の通信網の充実で,速度アップとなるかに注目ですね。

 

iPhoneの2020年対応でも全然余裕!

 しかし,「超地域限定」という絶対的な残念感は残りまくりです。
 負け惜しみでもなんともなく,
「iPhoneの5G対応が2020年になっても,全然余裕」
と言い切れてしまうあたり,正直ほっとしています。

 逆に少々の危機感を感じるのは,
「日本で5Gの恩恵を全ての人が受けられるようになるのは何年先か?」
という部分です。

f:id:es60:20190518110018j:plain

 当然莫大な投資が必要でしょうし,現在の米中の「5G」戦争の影響も少なからずあるでしょう。
 果たして5年で何とかなるのでしょうか?

 いずれにせよ,関係企業には,通信網の充実,対応デバイスの拡大等,しっかりと期限を切った対応をしていただきたい。
 5Gを活用することで,どのような「新しい未来」が待っているのか…。
 明るい未来を提供してもらえたら…と願います。