カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

土屋鞄製造所「ナチューラヌメ革キーホルダー購入」〜固めの革で気兼ねなく使えそう!〜

キーホルダーの破損でまたまた土屋さんのお世話に

 長年使用していたキーホルダーの金具が壊れました。 

 基本,いつもポケットに入れっぱなしですし,鍵同士がぶつかってしまうものですので,キーホルダー自体には何の関心もこだわりも無いのですが,どうせ壊れたのだったら…ということで,またまた土屋さんの製品を物色することに。
(これまでの購入したバッグ,財布,文庫カバー等については,過去記事をご覧ください。土屋さんの製品にはずれなしです!)

 取り出してすぐに使いたいので,カバータイプのものはすぐさまカット。

 ということで,いつものごとく,「ナチューラヌメ革」と「ディアリオ」の二択になるわけです。

f:id:es60:20190707191226j:plain

ナチューラヌメ革キーホルダー

f:id:es60:20190707191247j:plain

ディアリオ デイリーキーホルダー

 これまで「ディアリオ」シリーズの製品としては,「ユリックリベルタ2Wayトート」「ディアリオ ハンディーLファスナー」の2点を購入しています。

 厳密にいえば,「2Wayトート」は廃版となった「ユリックリベルタ」シリーズのもので,現行のディアリオ革よりもオイル量が多く,しっとりしているのが特徴。

 対して現行の「ディアリオ革」を用いた「Lファスナー」は,オイル量がかなり減った代わりに,日常使いに気を遣わなくてもよくなった感じがします。 

 個人的には「バッグ」には旧タイプのしっとりさがしっくりきます。あの油がたっぷり浸みた感覚は麻薬です。
 逆に,財布には現行タイプがいいかも。旧タイプは結構キズに気を遣います。
 まあ,布でこすると油で消えるという魔法が起きるのですが…。

 ですから,偶然にも私は,自分好みの2点を手に入れたというわけ。ラッキーでした。

 さて,キーホルダー。
 ナチューラヌメ革は購入したことがありませんが,恐らく「カチッと固めの革」であろうことは予想がつきます。グレードとしては「ディアリオ」の方が上ですが,キーホルダーで,毎日雑に扱うことを前提とすれば,固めの方が何の気を遣わなくてもいいかな…と考えました。

 また,革部分の形状も,ヌメ革の方が横幅が広くて好み。金具もディアリオは細長すぎ。別にどこかにぶら下げて使用することはありませんので…。

 というわけで,実用性のの面からして,今回は初の「ヌメ革製品」を購入することになりました。
 「ナチューラヌメ革キーホルダー」の「ブラウン」購入です!

f:id:es60:20190707192335j:plain

 

正真正銘の「普段使い」に…

 価格が税込み「2,800円」ということで,これまでの「罪悪感」のようなものが全くありません。
 実にすっきりさっぱりしてオーダー。 

 小物ですが,いつもどおり,土屋さんの箱,そして不織布に包み込んでの梱包は変わらず。
 心配り,さすがです。

f:id:es60:20190707193032j:plain

 実物がこちら。
 済みません。早速鍵付けちゃってますけど…。

f:id:es60:20190707193132j:plain

 車のスマートキーがあまりに不格好ですが,ご勘弁を。私のせいではございません。
 横にしてみると…。

f:id:es60:20190707193300j:plain

 二つ折りにすると,丁度ポケットに入れるときに良い塩梅になります。

 ナチューラヌメ革は予想通りの「固い」素材。
 これだったら型崩れなどの心配はなさそうですし,キズがつくことも楽しめそうな革です。
 ディアリオの革は,キズには弱そうですので,私の使い方ではナチューラヌメ革で大正解でした。
 土屋さんの革なのに,気を遣わないで使えることの幸せ…。

土屋製品をポケットに…

 手にするだけで,なんとなく幸せを感じることができるのが土屋品質。
 それは,こんな安価なキーホルダーでも変わりませんでした。
 この製品にも,例の「革包丁」のシンボルマークがあります。

f:id:es60:20190707193743j:plain

 このマークを見るだけで,和んでしまう私は,相当土屋さんにやられてますね!