カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

MacBookPro13インチエントリーモデルはパワー十分!〜発展性とポート数,TouchBarの考え方次第〜

「TouchBarあり」エントリーMacBookProの実力は?

 最近のAppleの得意技,「いきなり改訂」によって,MacBookProのエントリーモデルがリニューアルしました。

f:id:es60:20190713121851j:plain

 仕様上の最大の変更点は「TouchBar」の追加です。
 恐らくこの点については,様々な意見があるでしょう。
 私のように「TouchBar無用論」を唱える者にとっては「残念」となりますし,TouchBarが欲しかったものの,「Air」では力不足…と考えていた方々にとっては渡りに船かと…。

 個人的には,「TouchBar無し」の選択肢を残して欲しかったなぁ…と強く思います。
 もはやAppleが自分たちの負けを認めたくなくて意地を張っているようにしか思えません。
 かくいう私のMacBookPro15インチ(2019)のTouchBarは,常にファンクションキー表示になるようにカスタマイズしております。

f:id:es60:20190713115516j:plain

 さて,そんなエントリーMacBookProですが,性能的にはなかなかの実力をもっているようです。

 

パワー「1.7倍」の考え方

 上記記事内で紹介されているベンチマーク結果がこちら。

f:id:es60:20190713115734j:plain

 Macお宝さんで紹介されている一覧がこちら。

f:id:es60:20190713120018j:plain

 これまでの2Coreモデルと比較して,やはり4Coreの威力でしょうか,マルチの性能アップが半端ありませんね。シングルが残念ですが…。

 恐らくこのくらいのパワーがあれば,「エントリーMacBookPro」を購入しようとしているユーザーには十分な性能でしょう。

 後はその他の面との兼ね合いです。
 それは,
①Thunderbolt3Portが2つしか無い
②TouchBarが「ついてしまった」
③今後のリニューアル展開
だと考えます。

 このMacをメイン機としてとらえ,外部ディスプレイとの接続等の発展性を考えているのであれば,このポート数は心許なくなってしまうかもしれません。
 また,「TouchBar」については物理的な問題ですので,いかんともしがたいですが,私のように「TouchBarをファンクションキーにカスタマイズ」という考え方で対応できないのであれば(物理的に打鍵感のあるファンクションキーが欲しいなど),もはやMacBook系が選択肢から外れることになってしまいます。

 さらに心配なのが「今後の」リニューアル展開。
 毎年のようにリニューアルが行われ,CPU載せ替えのたびにパフォーマンスが大幅に向上している昨今のMac。
 そんな中,「エントリー機」は,リニューアルから取り残される傾向にあります。
 だとすれば,今回のエントリー機も,
「上位機種がリニューアルされる中で,しばらくの間は取り残される運命にあるのでは?」
と考えてしまうのは私だけでしょうか?

 

「大改訂」の噂の中で…

 そんな心配に拍車をかけているのが,「2019年秋」に噂されているMacBook系の大改訂の噂です。

 「16インチモデル新設」「13インチモデルリニューアル」「シザー式キーボードへの移行」等,一大転機となりそうな予感。
 そんな時期を前にして,この機種に手を出すことで幸せになれるのか…。
 今後の買い換え予定,自分の利用環境等を熟考した上で購入を判断すべき機種なのでは…と考えます。