カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「PowerBeats Pro」レビュー④ イヤピース編〜深く挿入できないため,低音不足になりがちかも…〜

PowerBeats Proのイヤピース選びは難しくない

 「PowerBeats Pro」のレビュー第4弾!

f:id:es60:20190719210957j:plain

 ペアリング,音質,フィッティングと来て,今回は「イヤピース編」です。  

 今回の「イヤピース」に関しては,第3弾の「フィッティング」とも密接に関係しますので,是非そちらを先に読んでいただきたいと思います。

 前回もお伝えしましたが,このPowerBeats Proは,イヤフック型,本体が横長というその特徴故,イヤピースを耳穴に挿入しづらい構造となっています。
 だからこそ,うまくフィッティングしていないと,低音不足で中・高音部がシャリつく音になりがちです。

 だからこそイヤピース選びが非常に重要になってくるのですが,私,この機種に関して素は,以外と難しくないという印象をもちました。

 なぜなら,「耳穴へ挿入しづらい」という絶対的な制約があるからこそ,適・不適を明確に判断することができるからです。
 では,以下に,私なりのイヤピース選択の過程を示していきます。

 

ポイントは「スカスカ」にならないか

 PowerBeats Proは,デフォルトでは「M」サイズのピースが装着されています。

f:id:es60:20190720122626j:plain

 まずは試しにこのまま聴いてみると…。
 私の耳では,中・高音部がシャリついて低音スカスカ。

 予想はしていました
 Beats XではSONYのハイブリッドLLサイズを使用したり,「MOMENTUM True Wireless」でも最近ではゼンハイザー純正Lサイズを使用したりすることが多かったもので。

 次にBeats純正「L」サイズに変更。
 しまりのある低音が出てきました。
 しかし,同時に中音域にボーカルが耳元にぐんと近づいてきて,違和感を感じます。(ここら辺の音質面に関しては,レビュー②「音質編」を参照なさってください)

 次はSpinFitのLサイズ
 予想どおり,繊細なのですが線が細い音。「MOMENTUM True Wireless」であれば選択肢に入りますが,PowerBeats Proでは「弱すぎ」という印象。

 SONYハイブリッドLLもSpinFitと同様の結果。

 試しに「MOMENTUM True Wireless」で使用しているゼンハイザーのLサイズも試したところ,なぜか中・高音部がピーキーになり,音楽性が崩壊する結果に。
 やはりPowerBeats Proは,中・高音部の主張が強すぎるのだと思います。

 総じて,PowerBeats Proのイヤピースによる音質の変化は少なめだといえます。
 「MOMENTUM True Wireless」などでは,激変しますから。イヤピースによって。これを,安定していると見るか,凝り固まった音と見るのか…。
 私は後者と受け取りましたが…。

 結論として…。
 私の耳では,レビュー③でお伝えしたとおりに「耳穴への挿入不足」もあって,総じてスカスカした音になりがちです。
 その中で唯一採用できるのが,Beat純正の「Lサイズ」
 前述したとおり,中音の主張がうるさすぎるのが致命的なのですが,何とか…という感じです。

 コンプライ等のフォームタイプは,あの密閉感が苦手なため試していません。
 密閉された上に中音域バリバリでは,私には無理なのが最初から分かっていますので。

 

ヤバイ! 個人的にはどんどん追い詰められていく…

 ヤバいです。

 音質もあまり好みではなく…

 装着方法やイヤピースでの音質改善も期待できず…

f:id:es60:20190720124836j:plain

 マイナス要因だけが増えていくマズイ展開です。
 起死回生の大逆転はあるのか?
 どうする,オレ!

 次回は,「アクティビティ編」です。

Powerbeats Pro完全ワイヤレスイヤフォン ? ブラック

Powerbeats Pro完全ワイヤレスイヤフォン ? ブラック