カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

雫井修介「犯人に告ぐ3 紅の影」は正真正銘「犯人に告ぐ」だった模様!〜ネットテレビ上で「リップマン」との対決が始まる〜

本当の意味での「犯人に告ぐ」に立ち帰った!

 雫井修介さんの「犯人に告ぐシリーズ」第3弾,「犯人に告ぐ3 紅の影」が発売され,本日到着しました。 

f:id:es60:20190822180454j:plain

 まだ全く読んでいないのですが,「帯」を見てあまりにうれしくなり,記事を書いています。

 どういうことかというと…。
 以前の紹介記事でも書いたのですが,「犯人とテレビ番組を介して駆け引きをする…」という画期的なストーリー展開で話題となった1作目に対し,2作目は,全くそのような「犯人との間接的なやり取りの場」は存在しないのです。
 それなのにタイトルは「犯人に告ぐ」…。

 サブタイトルは異なれど,「犯人に告ぐ」を受け継ぐということは,何かしらの意表を突くやり取りがあると思い込んだ読者の間には,不満もくすぶっていたようです。 

 というわけで,この記事中にも,今回の第3作で原点回帰しなければ読者を裏切ることになる…という内容を書かせていただきました。

 やはり,雫井さんも,出版元も,前回の失敗は理解していたのでしょう。
 第3作は,本来のルートに戻してきましたよ!

 しかも舞台は「ネットテレビ」
 今風の素材を取り入れるあたり,なかなか上手です!

f:id:es60:20190822181229j:plain

 

「劇場型犯罪」vs「劇場型捜査」再び

 「劇場型犯罪 vs 劇場型捜査再び」なんてあおられると,うれしくなっちゃいますね。
 制作側が,第2作の穴を埋めようとしているのが伝わってきます。

 さて,帯の裏はこのようになっております。

f:id:es60:20190822181510j:plain

「ネット番組上での対話」
「背後の驚愕の取引」
「リップマン淡野の犯罪計画」
「捜査本部に現れる内通者…」

 これらのキーワードだけでも楽しめるというもの。

 週末にかけて読み進めたいと思っています!

 

犯人に告ぐ(2)(上)  闇の蜃気楼 (双葉文庫)

犯人に告ぐ(2)(上) 闇の蜃気楼 (双葉文庫)

 
犯人に告ぐ(2)(下)  闇の蜃気楼 (双葉文庫)

犯人に告ぐ(2)(下) 闇の蜃気楼 (双葉文庫)

 
犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)

犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)

 
犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)

犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)