カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

何と…「MacBookPro16インチ」のキートップは,ワイヤレスMagic Keyboardと交換できる!〜ということは打鍵感も同様か…?〜

本当に「Magic Keyboard」?

 MacBookPro16インチが発売され,徐々に実機に触った…という情報も出てきていますが,肝心のキーボードの打鍵感に関しては,なかなか読み取れていないのが実情です。 

 Appleが,16インチのキーボードをワイヤレス版の「Magic Keyboard」になぞらえて説明しており,ストローク量も従来のバタフライ式から大幅に増したことから,その打鍵感が非常に気になる…ということは以前に書かせていただきました。 

 どうやら16インチのキーボードの名称も,そのまま「Magic Keyboard」となっているようで,個人的にはかなり心配です。
 上記の記事にも書きましたが,実用的には素早い入力ができて大変好ましいMagic Keyboardですが,ペシャペシャ感は否めず,バタフライ式のような感覚に訴えかける艶がない打鍵感です。

 私としてはむしろ,「ワイヤレス版のMagic Keyboardをシザー式に換えてもいい」とさえ考えていましたので,信頼性・耐久性の面で抱えていたバタフライ式の弱点が残念でなりません。「Mac」というブランドを支えるためには,キーボードにもバタフライ式のような「質感」が大切だと思っていたのですが…。

 さて,そんな中,「iFixit」がいつものように分解を始めております。すると,実に興味深いことを発見したそうです。なんと,ワイヤレス版Magic Keyboardのキートップが16インチのキートップに置き換え可能だというのです!

f:id:es60:20191117094827j:plain

 

キートップは取り外しが可能

 前記事でも紹介しましたが,16インチのMagic Keyboardのストロークは「1㎜」。バタフライ式のそれが「0.55㎜」だったことからも,倍近いストロークを得たことになります。
 ワイヤレス版の「Magic Keyboard」のストロークも「1㎜」という記事を見かけましたので(AppleのHPでは未記載),16インチとワイヤレス版のキーボードの打鍵感は本当に似通っているのかもしれませんね。

 さて,「iFixit」の分解によると,16インチのMagic Keyboardのキートップは,ワイヤレス版同様簡単に取り外しができるとのこと。
 そこで,以前に「iFixit」がワイヤレス版Magic Keyboardを分解した際の記事にある写真と16インチの写真とを比べてみることにしました。

https://ipod.item-get.com/2015/10/ifixitmagic_keyboardtrackpad_2.php

 以下,上が今回の16インチ,下がワイヤレス版の写真です。

f:id:es60:20191117101520j:plain

f:id:es60:20191117101525j:plain

 これ,構造としてはほぼ同じに見えるのですが…。
 ということは当然打鍵感も同様ということで…。
 う〜ん,今後は,MacBook系のキーボードに「しっとり感」を期待することは難しくなるかもしれませんね…。残念。

 また,「同様の構造」を証明するかのように,双方のキートップを交換できるようでして…。

f:id:es60:20191117101819p:plain

 ワイヤレス版の方が若干背が高いようですが,これ,笑っていいのか悪いのか…。何故か心は晴れません。

 

Appleのキーボードに「質感」を求めるのは無理なのか?

 「薄型化の追求」という面は別にして,私はこれまでのMacBook系のバタフライ式キーボードのしっとりとした質感の打鍵感が好きでした。それは,ワイヤレス版の打鍵感があまりにも味気なく,「Apple」というブランドにそぐわないと感じていたからかもしれません。

 iPhone,iPad,MacBookと,高級路線を走り,ユーザーが心地よく使うための「感覚的な部分」を大切にしてきたのがAppleだと考えています。しかし,どうしてもキーボードだけには違和感を感じていたわけで…。

 今回の16インチを皮切りに,恐らくは2020年内に全てのMacBook系が「Magic Keyboard」に置き換えられるでしょう。そしてそれは,今後少なくとも数年はこの形状のキーボードで行く,ということに繋がるはずです。

f:id:es60:20191117103153j:plain

 あわよくば「iMacの改訂に併せてMagic Keyboardも大きく変わってくれれば…」と考えていた身としては,少なからず残念な気持ちが残ります。
 まあ,「実用的な入力機器」としては優れていると感じているMagic Keyboardですので,その部分を割り切って考えられるようになれば,実質的な問題はないのでしょう。

 …と,自分を説得してみる…。