カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPadPro12.9インチ(2020)が快適すぎる件について〜MiniLED搭載のiPadPro登場は,2021年にずれ込む!〜

iPadPro(2020),快適に使っています

 身の程を知らず,iPadPro12.9インチ(2020)を購入して,1ヶ月が経過しました。

 結論からいうと,快適です。

f:id:es60:20200419112447j:plain

 使いこなしているとは到底言えない私ですが,AffinityDesigner・Photoを半額セールに合わせて購入するとともに,YouTubeで「amity先生」の動画を参考にさせていただきながら,ゆっくりと身体を温めているところです。

 本ブログのアイコンも,amity先生の動画を参考にして,AffinityDesignerで作ってみました。

f:id:es60:20200419103755g:plain



 経験者の方からすると,こんなの「数分」というレベルでしょうが,これまでグラフィック経験ゼロで,センスのかけらも無い50オヤジにしてみると,結構な冒険でした。
 自分のレベルに合わせてこれからも楽しんでいけそうです。

 また,私にとってはやはり「12.9インチ」というサイズ感も非常に重要でした。
 これまで使用していた「10.5インチPro」と比較した際に,動画視聴時のサイズアップ感が非常に顕著ですし,表示領域が広くなったことで,GoodNote5に思いついたことをメモする機会が増えました。

 AffinityDesignerにしてもGoodNoteにしても,10.5インチでは,生産性の低い私の利用方法では,サイズ感が足りなかったと思います。この点では「広さは正義」です。

 また,新型ApplePencilの,「iPadPro本体で充電できる」というスタイルも旧型に比べて絶対的に優れているポイントですね。「使いたいときにすぐ手に取れる」って,やはり素晴らしいことです。ApplePencilの使用頻度が飛躍的に上がったのもうなずけます。

f:id:es60:20200419112514j:plain

 しかし,12.9インチは重い,大きい!
 この点に関しては,当初の予想通り,10.5インチとの棲み分けがはっきりしています。
 気軽な動画視聴,Web閲覧,ベッドサイド用の利用においては10.5インチです。12.9インチは,「その気になって」活用するということが殆ど。

 複数台iPadの活用は,これまでもiPadAirを使って行ってきていましたが,サイズの異なるiPadProを導入したことで,そのメリットをより強く感じることになりました。

 

MiniLED搭載のiPadPro登場は,2021年にずれ込む?

 さて,そのiPad Pro12.9インチ(2020)。

 「A12ZBionic」プロセッサが,実質的には「A12X」と同等のものだったとか,2020年後半にはMiniLED搭載の新型が出るとか,なかなかに評判がよろしくありません。

 私はこの時期に12.9インチというサイズが欲しくて新規購入しましたので,後悔はありませんが,性能アップを期待して2018年モデルから買い換えた方の中には,「やられた」と感じている方が多いかもしれません。

 しかし,その「MiniLED搭載」という部分に関して,「2021年にずれ込む」という情報が来ています。

 記事では,

広発証券(GF Securities)のアナリスト、ジェフ・プー氏は,投資家向けに配布したメモにおいて,新しいミニLEDディスプレイ搭載12.9インチiPad Proの開発が「パネル設計が複雑」なために遅れていると述べている

と紹介しています。

 それでですね…。
 この「MiniLED搭載2020年後半発売説」が急激に広がる中で,例のプロッサー大先生が異論を唱えているという記事を以前紹介しているわけです。

 プロッサー氏のみが,

・2020後半は「5G対応」「A14XBionicに載せ替え」
・2021年「MiniLED搭載」

と,2020年時のMiniLED搭載を否定しているのです。これ,今回のジェフ・プー氏の考えと重なります。

 今年に入り,ことごとく他のリーカーの意見を粉砕して独自の情報の正確さを立証し続けているプロッサー氏。iPhoneSEの発売日を的中させたことは記憶に新しいところ…。

 iPadProの改訂に関しても「ズバリ賞」を出すことができるのか?

 何だか出せそう…と思ってしまっている私がいます。
 これまでの実績を考えると…。

 また,そうであれば,「2020春モデル」を購入した私のようなユーザーも,
「それだったら許せるかな…」
と心安らかでいられるとも思います。

 最近のApple,不必要とも思えるような改訂が目立ってきていますので…。