カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Canonが「EOS R5」「R6」発表に向けてカウントダウン開始!〜7月9日 21:00よりプレゼンテーション開始〜

「R5」が来る! 7月9日 21:00!

 ついにCanonが動き出しました!

 7月3日とも9日とも噂されていた「EOS R5「R6」の発表会ですが,どうやら「7月9日 21:00」から開催されるようです。

 Canonホームページでティザー広告が打たれています。

f:id:es60:20200703175943j:plain

 

発表時刻は「21:00」 ユーザーに配慮?

 広告の形態としては,「プレゼンテーション」が行われるという事実とその日時,そして開催までのカウントダウンとなっています。

f:id:es60:20200703180012j:plain
 7月9日という日取りについては,以前から候補に挙がっていたところでもあり,想定内ですね。「延期にならなくてよかった…」と感じている方が多いでしょう。

 そして,今回注目したいのがその「時刻」です。
 これまでのCanonの新製品発表は,「昼過ぎ」に行われることが多かったと聞きます。よって,今回の「R5」の発表も通例に従う…という予想が多かったようです。

 しかし,驚きの「21:00」
 これ,どこかで味わった感覚…と考えてみると,iPhoneの予約開始時刻と同様の変化を辿っていることに気付きました。
 それまで,日本時刻「16:01」からという予約開始が通例であったiPhoneが,「iPhone11」のときから「21:00予約開始」に変更となりました。仕事をしている人間にとっては,当然こちらの方がありがたいという人が大多数なわけで,Canonに関しても,Apple同様の考え方の変化があったのでしょうか?

 まあ,諸外国との時差の関係もあり,日本のことだけを考えるわけにはいかない事柄だとは思いますが,Appleと同時刻ということで,何らかの大人の事情が絡んでいることは確かだと考えます。

 

いよいよ…ドキドキが止まらない!

 プレゼン開始のちょうど1週間前から始まった,今回のディザー広告。
 カメラ本体やレンズの姿形が全く見られないカウントダウンのみの表示です。

 しかし,天下のCanonがこれ程おおっぴらに「見え見え」のディザーを打つほどですので,今回の「R5」「R6」にかけるCanonの意気込みは並大抵ではないのでしょう。
 Canonユーザーからすれば,待たされた分,相当に期待が膨らむ展開ですが,今回の製品群は,SONYユーザーからの鞍替えを促す,非常に戦略的なものになるはずです。

f:id:es60:20200703181805j:plain


 いや,「戦略的」というよりも,今後のCanonの浮沈を賭けて…というほどの大きな意味を持っているはず。
 SONYに完全に先行されてしまったCanonの「RFシステム」が,これまでのCanonユーザー,そして他社ユーザーに認められるのかどうか…。Canonとすれば一世一代の大勝負とも言えましょう。

 もしここでこけたら,恐らくはCanonの今後はない…と言えるほどの今回のプレゼンテーション。SONYが驚愕して慌てふためくほどの情報を発信してくれることを願ってやみません!