カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「Mac Pro + MacOS Big Sur 」で「Netflix 4K HDR」動画がようやく観られるという話〜他の動画配信サービスもすぐさま追従してもらいたい!〜

余計な制限はすぐさま外してもらいたい!

 Mac ProとPro Display XDRを購入し,快適に使用しております。

 当初,「以前のiMacと大して変わらない…」と感じていたCanonのRAW現像アプリの「DPP」に関しても,マシンパワーがどうこうというレベルではない「アプル由来の遅さ」は感じるものの(完全にアプリのアルゴリズムの悪さの問題です。無料アプリなので文句は言えませんが…),待たされる時間はかなり減っていることがその後の使用で判明しました。
 それにしても1つの操作ごとに数秒待たされるという現状なのですが,iMacでは数秒どころか10秒単位で待たされることもありましたので,随分ましというもの。どうしても純正アプリを使いたいという思いが強いので,ようやく「我慢できるかどうかのギリギリのライン」までは辿り着いたという感じです。
 まあ,枚数を稼いで撮影する方は,「無理」と感じるレベルなのだとは思いますが…。 

 さて,「Mac Pro + Pro Display XDR」で楽しみにしていたのが,「4K HDR」の映像です。 
 しかし,その後色々と調べたところ,そもそも「Mac」においては「4K HDR」の動画を楽しむ環境が,全くといっていいほど整っていないことが分かりました。
 勉強不足だったわけですが,結構驚いたわけで…。

 そんな中,「MacOS Big Sur」でようやく「Netflix 4K HDR」の動画が観られるようになる…という情報を見かけました。
 Macにおける余計な制限はすぐさま外してもらいたい!

f:id:es60:20200702184655j:plain

 

Mac,Safariにおけるコーデック対応が問題…

 技術的な問題は詳しくありませんが,記事によるとこれまでのNetflixは,
「動画圧縮の規格であるコーデックHEVCを採用しており,ハードウェア的な制限によってMacユーザーは4Kコンテンツを視聴できなかった」
ということのようです。

 つまり,私の「Mac Pro + Pro Display XDR」がハード側の条件を満たしていても,ソフトウェア上の制限のためにその能力を十分に発揮できていなかったということです。

 さらに,Apple側のハード的な問題もこれに絡んできます。
 Macにおける,「HDR」再生におけるハード側の条件がこちら。

f:id:es60:20200702181727j:plain

 まずもってHDR再生には2018年以降に発売されたMacであることが最低条件。
 加えて,解像度等の何らかの制限を受けず,4K HDRを楽しむためには,iMac Proか,対応ディスプレイを接続したMac Proという条件が必要となります。

 つまり,現行iMacでは,いくらディスプレイが5Kとはいえ,これに加えて「HDR」での再生は「できない」ということ。これ,結構な衝撃です。
  確かにMac Pro購入後,「AppleTV+」の動画を再生してみると,暗闇の中の灯りや金属の光沢等,特に高照度の描き方が劇的に改善されたのかよく分かります。以前の記事にも書きましたが,メリハリが強すぎて少々気になるくらい…。しかし,現在はHDRが効いていないと物足りなく感じてしまうようになりましたので,やはりリアルな映像表現にHDRが有効であることは認めざるを得ません。

f:id:es60:20200702184859j:plain

 前機種のiMacでも,AppleTV+では「4K」を楽しむことができ,その美しさに感動していましたが,HDRという付加価値が付いたPro Display XDRの映像はやはりグレードが違うものです。

 

新型iMacとMacOS Big Surで,制限がどれだけ緩和されるか?

 「MacOS Big Sur」では,少なくてもNetflixの「4K・HDR」映像を楽しめるようですが,恐らくそれは,上記のような「HDRに対応するMac」のみでのこと。
 となると,「新型iMac」がHDRを正式にサポートするようになるか…という問題は結構大きな意味合いをもちますね。

 恐らくは,グラフィックの性能が相当高くなければいけないのでしょう。
 いい加減,大画面であることのよさを十分に生かしきれないような規格では不満も出るでしょうから,IntelMacとして登場するであろう次期27インチモデルでの対応は必須だと考えます。

 さらに,「Safariが対応しない…」などの理由で,「Macとしてはサポートしているが,純正アプリが対応していない…」というわけの分からない制限も排除していただきたい。
 例えば,YouTubeの4K再生を,「Chromeではできるが,Safariではできない」という問題がありますね。特に「純正アプリが足を引っ張る」ことはメーカーとして恥であると,Appleには感じてもらいたいものです。

 先日の,FinalCut Proでの性能劣化問題もありました。 

 純正アプリは,サードパーティー製以上の性能を発揮されるものであるべきです。「機能」では負けていても,処理スピード等の「効率性」で負けてはなりません。この点は,ユーザーに対する企業としての責任だと感じます。

 「MacOS Big Sur」での4k対応は,Netflix限定のものなのでしょうか?
 現状では,Amazon PrimeVideoでも,AppleTVでは4Kで再生できる映像が,MacではHD再生しかできない縛りがあります。
 もはやMacのディスプレイは,テレビの解像度を凌駕している時代です。Macでも安心して「4K・HDR」を堪能させてください!